丘人(神戸高等商業学校)(1924・大正13)-(1941・昭和16)
号(通号) 年月日 見出し 著者 備考
(178) 1924・大正13.06.28 1 編纂部細則の変更    
(178) 1924・大正13.06.28 1 「丘人」投稿規程    
(178) 1924・大正13.06.28 1 研究 社會學と經濟學 M、U、生  
(178) 1924・大正13.06.28 1 資本と人間    
(178) 1924・大正13.06.28 1 想華:自己改造の叫び H、R、生  
(178) 1924・大正13.06.28 1 詩:「自動車賛美」 「机前獨語」 まさひこ  
(178) 1924・大正13.06.28 2 商研たより:商業地理研究室より 指導教授 石橋先生 研究部員三十一名    
(178) 1924・大正13.06.28 2 部報:理事會 改正友團規程の要点、    
(178) 1924・大正13.06.28 2 部報:野球部    
(178) 1924・大正13.06.28 3 部報:庭球部 関西専門学校連盟庭球戦    
(178) 1924・大正13.06.28 3 部報:端艇部 第十九回端艇競漕大会記事    
(178) 1924・大正13.06.28 5 部報:陸上運動部 第一神港商業対本一、予科連合軍、 第七回全国中等学校陸上競技優勝大会    
(178) 1924・大正13.06.28 6 部報:登山部 夏季登山計画、    
(178) 1924・大正13.06.28 6 部報:剣道部 対三高試合 兵庫県武徳会春季大会出演 大阪高商戦、     
(178) 1924・大正13.06.28 6 部報:講演部 三校連合講演大会 関西中等学校優勝雄弁大会 対大阪高商交換演説会 雄弁大会弁士派遣 一九二四年金曜講演    
(178) 1924・大正13.06.28 7 部報:語学部 本年度第二回語学小会 守屋女史招待演説会 本年度第一回会語旅行 第二回会語旅行、    
(178) 1924・大正13.06.28 7 部報:柔道部 新しく迎えた人々 選手派遣 第十回大阪講道館有段者大会 予科対神戸商業練習試合 予科本一対神戸一中練習試合 対三高柔道試合    
(178) 1924・大正13.06.28 8 大正十二年度学友会収支決算報告、大正十二年度学友会貸借対照表、    
(178) 1924・大正13.06.28 8 編纂余言    
2 1924・大正13.07.11 1 思想:Tさんと和尚 葉分日  
2 1924・大正13.07.11 1 断片    
2 1924・大正13.07.11 1 筆のまゝに 登詩子  
2 1924・大正13.07.11 1 丘人を見て 山崎すゝむ  
2 1924・大正13.07.11 2 丘上雑話、    
2 1924・大正13.07.11 2 痛められ行く すゝむ  
2 1924・大正13.07.11 2 短歌 としゆき  
2 1924・大正13.07.11 2 砂上偶語    
2 1924・大正13.07.11 3 鉄道乗車割引證其の他に関する注意    
2 1924・大正13.07.11 3 学校日誌    
2 1924・大正13.07.11 3 図書館新着和漢書    
2 1924・大正13.07.11 4 部報:野球部-水泳部-陸上運動部 対三高戦記-相撲部-語学部-蹴球部 対英船モリア号蹴球戦-登山部 第十一回山岳講演会-弓術部 対早大試合 対大阪医大予科試合-ヴァレーボール 全日本ヴァレーボール選手権大会    
2 1924・大正13.07.11 7 修養團事業報告    
2 1924・大正13.07.11 8 エスペラントのすゝめ、    
2 1924・大正13.07.11 8 編纂余言    
3 1924・大正13.09.25 1 工業土地決定の最後の二要件に関する若干考察 服部利八  
3 1924・大正13.09.25 2 傷痕 矢須子  
3 1924・大正13.09.25 2 『或る試演会の夜に』 美登利  
3 1924・大正13.09.25 3 秋の哀歎 南よし  
3 1924・大正13.09.25 3 秋 第一部 秋 第二部 矢須子  
3 1924・大正13.09.25 3 学校日誌    
3 1924・大正13.09.25 3 講演会 巡回講演便り 四国の部、県下巡回講演の部    
3 1924・大正13.09.25 5 神高商教授並学生経済講演会(於加古川町)    
3 1924・大正13.09.25 5 陸上運動部 再び慶應と相見ゆるの記 対姫路師範練習試合    
3 1924・大正13.09.25 5 蹴球部    
3 1924・大正13.09.25 6 水泳部 対大阪高商定期戦 天橋合宿記 関西専門学校水上競技大会出場記    
3 1924・大正13.09.25 7 剣道部 京大主催全国高等専門学校剣道優勝大会出場記 大日本武徳会本部主催乙種団体試合    
3 1924・大正13.09.25 8 登山部 富士登山報告    
3 1924・大正13.09.25 8 編輯余言    
4 1924・大正13.1210 1 十月の会報を読みて K、C  
4 1924・大正13.1210 1 月見君の「賃銀と價格」を駁す 革勢暗鐘  
4 1924・大正13.1210 2 若き日 蔦木郁  
4 1924・大正13.1210 2 Y兄に與ふ M・U・生  
4 1924・大正13.1210 2 ラグビー蹴球の見方 T・N・生 本三
4 1924・大正13.1210 4 傷つける花の心 乙彌  
4 1924・大正13.1210 4 西班牙語科へ    
4 1924・大正13.1210 4 三色の恋 蔦木郁  
4 1924・大正13.1210 4 蹴球部 全国中等学校ア式蹴球大会    
4 1924・大正13.1210 5 待ち心 すみあき  
4 1924・大正13.1210 5 夏の夜の思い出 やま、かづを  
4 1924・大正13.1210 5 庭球部 第五回全国実業團庭球優勝大会 関西専門学校連盟秋季トーナメント    
4 1924・大正13.1210 6 けむり すみあき  
4 1924・大正13.1210 6 熊野抄 背黄島  
4 1924・大正13.1210 6 陸上運動部 第一回東京商大神戸高商対抗陸上競技会    
4 1924・大正13.1210 6 印象の一つ すみあき  
4 1924・大正13.1210 6 登山部    
4 1924・大正13.1210 6 或友に対するひそかなるプロテスト 谷道夫  
4 1924・大正13.1210 6 ヴァレーボール倶楽部    
4 1924・大正13.1210 6 「ともしぴに云ふ」 たゞを  
4 1924・大正13.1210 6 理事会    
4 1924・大正13.1210 6 十一月の雑木林 谷道夫  
4 1924・大正13.1210 6 編輯後記    
12 1925・大正14.10.07 1 所感 田崎校長  
12 1925・大正14.10.07 1 拙譯「薄命のヂュード」に就いて 内多精一 教授
12 1925・大正14.10.07 1 評論:当面の問題 山崎進  
12 1925・大正14.10.07 2 神戸商業大学論壇:神戸商業大学は須く実際的非空論的大学たるを要す K、M、生  
12 1925・大正14.10.07 2 自由論壇:筒臺文化雑考 桑田大憂  
12 1925・大正14.10.07 2 自由論壇:病床漫筆 大槻勲  
12 1925・大正14.10.07 2 自由論壇:良心を染む 矢須志  
12 1925・大正14.10.07 2 自由論壇:靜澄を愛する心 谷道夫  
12 1925・大正14.10.07 2 幻−現 くれない  
12 1925・大正14.10.07 2 『ノアの洪水』 背黄島  
12 1925・大正14.10.07 2 曠夜の誘惑(一) 健朗  
12 1925・大正14.10.07 2 津田武二教授の御逝去に際し謹んで哀悼の意を表します。 編纂部  
12 1925・大正14.10.07 2 水島前校長胸像除幕式 十月十七日挙行    
12 1925・大正14.10.07 2 編輯前記    
12 1925・大正14.10.07 2 第五回懸賞論文応募規定    
12 1925・大正14.10.07 3 創作:天才 西二  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:九州探勝の旅 柴田秀治  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:経済詩 革世暗鐘  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:あまだれ 幽鬼王  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:譯歩蹣跚 Akitam  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:砂のパゴーダ    
12 1925・大正14.10.07 3 創作:赤ランプ    
12 1925・大正14.10.07 3 創作:短歌 秋吉台演習地の歌其他 青木美沙夫  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:短歌 立秋 さらいち  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:短歌 夏日雑詠 江口巳與吉  
12 1925・大正14.10.07 3 創作:脚燈の影より    
12 1925・大正14.10.07 3 創作:撞球の流行    
12 1925・大正14.10.07 4 復讐成る! 対関高野球戦-相撲部-水泳部-登山部 北アルプス踏破私記(岡田英定)-庭球部 夏休暇庭球部誌-卓球部-剣道部-語学部々報-弓術部報-ヴァレーボール部々報    
13 1925・大正14.11.12 1 吾等の覚悟 水島先生の壽像除幕式に際して     
13 1925・大正14.11.12 1 [水島先生壽像除幕式]祝辞 岡田良平 文部大臣
13 1925・大正14.11.12 1 [水島先生壽像除幕式][挨拶] 田崎愼治 神戸高等商業学校長
13 1925・大正14.11.12 1 アントワープ商業大学試験委員長ストラウス氏は語る 本校講堂に於いて ストラウス  
13 1925・大正14.11.12 1 自由講座:思索作用に於る二大動機 日野教授  
13 1925・大正14.11.12 1 ノート制度廃止の提唱 柴田秀治  
13 1925・大正14.11.12 1 試験制度について 前回の不足を補う為に 山崎進  
13 1925・大正14.11.12 1 刺青 東西二京  
13 1925・大正14.11.12 2 神戸商業大学論壇:研究の精神こそ大学の生命なれ 久良三  
13 1925・大正14.11.12 2 神戸商業大学論壇:葺合村塾的精神を粉砕し学問的精神の樹立を論ず 棚橋順一  
13 1925・大正14.11.12 2 慈父と別れの悲しき日 心を込めし謝恩の式、    
13 1925・大正14.11.12 2 永久へに師の徳を伝ふ壽像除幕の喜び    
13 1925・大正14.11.12 2 就職 大体に於いて悲観するに及ぶまい    
13 1925・大正14.11.12 2 日記断片 ××生  
13 1925・大正14.11.12 2 境遇雑感 喜多葉一  
13 1925・大正14.11.12 2 曠野の誘惑(二) 健朗  
13 1925・大正14.11.12 2 随筆 傍島省三  
13 1925・大正14.11.12 2 将別贈丘人[中文] 虞中望  
13 1925・大正14.11.12 2 消費組合決算報告-損益計算書    
13 1925・大正14.11.12 2 アルバム写真懸賞募集    
13 1925・大正14.11.12 3 病中漫語 内多精一 教授
13 1925・大正14.11.12 3 神戸高商と小説  
13 1925・大正14.11.12 3 紫の煙    
13 1925・大正14.11.12 3 遇言遇語    
13 1925・大正14.11.12 3 筒臺をとこ列伝(一) 大通洋人  
13 1925・大正14.11.12 3 譯歩蹣跚(2) Akitam  
13 1925・大正14.11.12 3 研劇アクザラカート 見物席より見た幹部カーチストの月旦 紅生誌  
13 1925・大正14.11.12 3 赤ランプ    
13 1925・大正14.11.12 3 緞帳の影から ダンマリに大薩摩が切れると本釣りの音が太く流れる    
13 1925・大正14.11.12 3 秋日句抄    
13 1925・大正14.11.12 3 短歌 秋きたるらし 貞一  
13 1925・大正14.11.12 3 満州風物詩(一) 貞一  
13 1925・大正14.11.12 3 砂のパゴーダ    
13 1925・大正14.11.12 4 痛ましき哀愁の気漂う 故津田教授追悼式、     
13 1925・大正14.11.12 4 故津田武二君の片影 生島廣治郎 講師
13 1925・大正14.11.12 4 津田先生を悼む 長光純  
13 1925・大正14.11.12 4 燕、常念、槍岳斑    
13 1925・大正14.11.12 4 ヴァレーボール優勝す    
13 1925・大正14.11.12 4 九州巡廻講演記    
13 1925・大正14.11.12 4 京洛の地に奮戦す 柔道部夏季活躍記    
13 1925・大正14.11.12 4 『柔道部々歌』成る 思水氏作歌    
13 1925・大正14.11.12 4 乗馬  北村  
13 1925・大正14.11.12 4 都山流尺八周友会送別演奏会、    
13 1925・大正14.11.12 4 編輯漫言    
13 1925・大正14.11.12 4 大正十三年度学友会収支決算報告、大正十三年度学友会貸借対照表    
14 1925・大正14.12.15 1 評論 新聞と広告について学生諸君に訴ふ (稲葉亨二)、    
14 1925・大正14.12.15 1 汝自らに問へ 希望社社長後藤静香先生講演 於本校大講堂、 後藤静香 希望社社長
14 1925・大正14.12.15 1 国際的大問題を説く 本校講堂に於ける平和記念大講演会 国研主催:支那内外の形勢に付て 今井嘉幸博士  
14 1925・大正14.12.15 1 国際的大問題を説く 本校講堂に於ける平和記念大講演会 国研主催:如何にせば国際平和を確立し得るや 末廣重雄博士  
14 1925・大正14.12.15 1 自由講座:小作問題と經濟理論 坂西由蔵  
14 1925・大正14.12.15 1 創作:永遠の謎 むらさき  
14 1925・大正14.12.15 2 神戸商業大学論壇:筒臺の危機 H.N.生  
14 1925・大正14.12.15 2 自由論壇:筒臺自治 桑田大憂  
14 1925・大正14.12.15 2 ノート制度を廃止せよ    
14 1925・大正14.12.15 2 偶感    
14 1925・大正14.12.15 2 曠野の誘惑 健朗  
14 1925・大正14.12.15 2 随筆([前号から]続き)    
14 1925・大正14.12.15 2 校内名所巡り(一)[水島先生の銅像][画]    
14 1925・大正14.12.15 3 似而眞漫筆 直覚現代心理百面相(俗流の巻) 山崎寂想庵主人  
14 1925・大正14.12.15 3 憎まれ口 田舎者  
14 1925・大正14.12.15 3 譯歩蹣跚 (3) Akitam  
14 1925・大正14.12.15 3 俳句抄    
14 1925・大正14.12.15 3 経済詩 革世暗鐘  
14 1925・大正14.12.15 3 短歌:秋思篇(未定稿)  
14 1925・大正14.12.15 3 歳暮感 KO生  
14 1925・大正14.12.15 3 東京商大哲学科セミナール通信 津田四郎 凌霜会員
14 1925・大正14.12.15 3 『物は相談だ』 井口二郎  
14 1925・大正14.12.15 3 赤ランプ    
14 1925・大正14.12.15 3 経済欄:貨幣概念を中心として 傍島省三  
14 1925・大正14.12.16 4 故西村豊君の霊に捧ぐ 川嶋芳邦  
14 1925・大正14.12.16 4 若きアスリート    
14 1925・大正14.12.16 4 大濱に於る相撲部の活躍-関東関西学生相撲連盟対抗戦記、    
14 1925・大正14.12.16 4 庭球部の活躍 明治神宮トーナメント-関西専門学校連盟、    
14 1925・大正14.12.16 4 吉右衛門観劇会の記、    
14 1925・大正14.12.16 4 熱心な人々為に「希望」「のぞみ」「泉の花」を 岡田英定  
14 1925・大正14.12.16 4 都山流尺八憲丘会、    
14 1925・大正14.12.16 4 今秋に於ける蹴球部奮戦の跡、    
14 1925・大正14.12.16 4 我国嚆矢の全国中等卓球大会、    
14 1925・大正14.12.16 4 登山部 小金ヶ岳のロッククライム、    
14 1925・大正14.12.16 4 編輯漫言:丘人に望む、    
14 1925・大正14.12.16 4 編輯後記    
15 1926・大正15.01.21 1 年頭の辞 田崎校長  
15 1926・大正15.01.21 1 整理建設之年 水島鉄也  
15 1926・大正15.01.21 1 丘の問題 坂西由藏  
15 1926・大正15.01.21 1 年頭に際して筒臺の現実を論じ併せて本年度における編纂部の立場及び事業の概略を明らかにす 山崎進  
15 1926・大正15.01.21 2 神戸商業大学論壇:大学の二大精神 遊子生  
15 1926・大正15.01.21 2 神戸商業大学論壇:二つの問題 棚橋順一  
15 1926・大正15.01.21 2 自由論壇:筒臺学友に対する望蜀一二 三輪嘉堂  
15 1926・大正15.01.21 2 自由論壇:筒臺文化の精髄を分析批判せよ!!、    
15 1926・大正15.01.21 2 吐憤録 草風生  
15 1926・大正15.01.21 2 拾遺 源一郎  
15 1926・大正15.01.21 2 赤ランプ    
15 1926・大正15.01.21 2 ある日の出来事 すゝむ  
15 1926・大正15.01.21 2 自然礼讃とその教え MRSW  
15 1926・大正15.01.21 2 校内名所巡り(其二)[売店?][画]    
15 1926・大正15.01.21 3 自己暗示 小川教授  
15 1926・大正15.01.21 3 一人一文:我田引水論 内多教授  
15 1926・大正15.01.21 3 帰朝談 未だ落ちつかぬ日の雑想 平井教授  
15 1926・大正15.01.21 3 小説:疲れたる断片 すゝむ  
15 1926・大正15.01.21 3 昨日今日 東西二京  
15 1926・大正15.01.21 3 街頭の正月 KO生  
15 1926・大正15.01.21 4 研究欄:傍島君に答ふ 田中教授  
15 1926・大正15.01.21 4 庭球部、    
15 1926・大正15.01.21 4 登山部だより、    
15 1926・大正15.01.21 4 対商大ラクビー定期戦 我軍の力戦遂に空し    
15 1926・大正15.01.21 4 苦難と享楽を超越して修養の体験を味ふ 断食修養会、    
15 1926・大正15.01.21 4 此の丘に涸れし愛と汗 修養團運動の本質を聞け!    
15 1926・大正15.01.21 4 相撲部 第十三回校外相撲大会之記    
15 1926・大正15.01.21 4 編纂後記    
16 1926・大正15.05.01 1 始業に当りて 田崎校長  
16 1926・大正15.05.01 1 友を迎ふ 哲想庵主人  
16 1926・大正15.05.01 1 法学博士をうけられて 齋藤教授  
16 1926・大正15.05.01 1 宣誓文提出者として 信ずる処を述ぶ 山崎進  
16 1926・大正15.05.01 1 創作:落ちゆくもおもの 東西二京  
16 1926・大正15.05.01 1 学校日誌    
16 1926・大正15.05.01 1 拾遺 源一郎  
16 1926・大正15.05.01 2 神戸商業大学論壇:独創力養成主義の教育を望む 擴充生  
16 1926・大正15.05.01 2 自由論壇:筒臺自治と筒臺文化観 長谷川豊次  
16 1926・大正15.05.01 2 諸兄に訴ふ 桑田  
16 1926・大正15.05.01 2 新学年開始に際し再び筒臺学友に望む 三輪嘉堂  
16 1926・大正15.05.01 2 本年度新入生名簿    
16 1926・大正15.05.01 3 一人一文 金阿彌童女 鎌田教授  
16 1926・大正15.05.01 3 教授訪問記(一)俺は保守主義だよ 齋藤教授  
16 1926・大正15.05.01 3 花に寄せて 西二  
16 1926・大正15.05.01 3 『丘を』愛すればこそ 辻小太郎  
16 1926・大正15.05.01 3 經濟詩 革世暗鐘  
16 1926・大正15.05.01 3 相聞 源一郎  
16 1926・大正15.05.01 3 丘人裸嘆    
16 1926・大正15.05.01 3 春来りなば(写真)    
16 1926・大正15.05.01 4 研究欄:「生の経済学」の可能性 伊藤迪  
16 1926・大正15.05.01 4 対商大定期庭球戦 臥薪嘗胆四年遂に雪辱    
16 1926・大正15.05.01 4 全日本ヴァレーボール選手権を獲得す    
16 1926・大正15.05.01 4 鉢伏山スキー登高    
16 1926・大正15.05.01 4 編纂後記    
17 1926・大正15.06.01 1 第二十三回開校記念式挙行せらる    
17 1926・大正15.06.01 1 開校記念の挨拶 田崎校長  
17 1926・大正15.06.01 1 記念日に際して 瀧谷教授  
17 1926・大正15.06.01 1 記念祭に當りて 小川教授  
17 1926・大正15.06.01 1 第二十三回記念祭歌(黒田光雄作)    
17 1926・大正15.06.01 1 記念祭に対する一考察 森澤深  
17 1926・大正15.06.01 1 懐旧談 水島先生回旧談の概略 水島先生  
17 1926・大正15.06.01 1 或五分間 星花  
17 1926・大正15.06.01 1 トルストイの言葉 芸術とは何ぞや    
17 1926・大正15.06.01 1 第六回懸賞論文応募規定    
17 1926・大正15.06.01 2 神戸商業大学論壇:神戸商業大学のモットーは須く世界に於ける国際商業大学の覇者たるべし 山崎進  
17 1926・大正15.06.01 2 自由論壇:よりよき建設へ    
17 1926・大正15.06.01 2 安価なる丘の個人主義者に與ふ 原精華 新宮
17 1926・大正15.06.01 2 紹介三篇    
17 1926・大正15.06.01 2 商研だより    
17 1926・大正15.06.01 2 我国学生弁論界の過去、現在及び将来 小木善造  
17 1926・大正15.06.01 2 昇格問題について 三郎  
17 1926・大正15.06.01 3 象牙の塔の哲学 生島廣治郎  
17 1926・大正15.06.01 3 小泉八雲 山中幸夫  
17 1926・大正15.06.01 3 プリント制と試験制度 よしかづ  
17 1926・大正15.06.01 3 漫画漫文(比呂司)“一人一癖” 第一回、小川教授、日野教授、増井教授、山口講師    
17 1926・大正15.06.01 3 ステラ、ダラスを見て    
17 1926・大正15.06.01 3 山岳展漫評    
17 1926・大正15.06.01 3 邦楽の音ゆかしき集ひ五月十六日の夜の盛会    
17 1926・大正15.06.01 3 悶え出す頃 すゝむ  
17 1926・大正15.06.01 3 三つの詩 すゝむ  
17 1926・大正15.06.01 3 青々録    
17 1926・大正15.06.01 4 □□□断想 幽鬼王  
17 1926・大正15.06.01 4 無題と題して 北野熊喜男  
17 1926・大正15.06.01 4 丘に湧く歓呼のどよめき 時ならぬ花に喫茶店の賑ひ 記念祭の日    
17 1926・大正15.06.01 4 各部各会の原稿募集に関して一言す  編纂部  
17 1926・大正15.06.01 4 新入生歓迎大会(宣誓式)    
17 1926・大正15.06.01 4 誕生日、梧桐、桐、神戸、女、赤裸々、□、古きもの 斗牛生  
17 1926・大正15.06.01 4 編纂後記(一)    
18 1926・大正15.06.25 1 下村、伊藤両博士の熱弁に酔ふ聴衆六百(国際問題講演会):人間の需要と供給 下村[宏]博士  
18 1926・大正15.06.25 1 下村、伊藤両博士の熱弁に酔ふ聴衆六百(国際問題講演会):世界海運の大勢と日本 伊藤[重次郎]博士  
18 1926・大正15.06.25 1 「智への憧れさへ無ければ」 哲想庵主人  
18 1926・大正15.06.25 1 經濟學に現れたる英沸獨の国民性 三浦新七博士講演  
18 1926・大正15.06.25 1 接戦遂に勝つ 対関高定期野球戦、    
18 1926・大正15.06.25 1 応援団の熱狂[写真]    
18 1926・大正15.06.25 1 創作 小品二種 鶯、或る会話 田俊一  
18 1926・大正15.06.25 1 破れた窓 革世暗鐘  
18 1926・大正15.06.25 1 Richmond mixtureに 星花  
18 1926・大正15.06.25 2 神戸商業大学論壇:文化教育制度を論じて神戸商業大学の生命に及ぶ 斗牛生  
18 1926・大正15.06.25 2 自由論壇: 放縦は自由に非ず UKO  
18 1926・大正15.06.25 2 自由論壇: Erotic market 幽鬼王  
18 1926・大正15.06.25 2 教授訪問記(1):人口がふえると羅病率が高くなってね  丸谷教授  
18 1926・大正15.06.25 2 教授訪問記(1):私は若いんです  平井教授  
18 1926・大正15.06.25 2 山岳礼讃    
18 1926・大正15.06.25 2 漫画漫文 第二回 “一人一癖” アーガル先生、スミス先生、ダビツヂ先生 比呂司  
18 1926・大正15.06.25 2 歌舞伎礼讃    
18 1926・大正15.06.25 2 筒臺一眼    
18 1926・大正15.06.25 2 Y生に與ふ 山成源太郎  
18 1926・大正15.06.25 2 Y生に與ふに就いて 山成君に御答へします 山崎  
18 1926・大正15.06.25 2 筒臺俳句会口抄、    
18 1926・大正15.06.25 2 学校日誌    
18 1926・大正15.06.25 3 草の葉の詩人 山中幸夫  
18 1926・大正15.06.25 3 第二十一回端艇競争 紺碧の海原に若き生命の躍動 人と波の乱舞する敏馬の濱、     
18 1926・大正15.06.25 3 詩苑順礼(1)仏蘭西篇A、    
18 1926・大正15.06.25 3 教授訪問記(2)人は文化生活と冷やかすけれど僕は僕の信ずる生活をしてゆきます 増井教授  
18 1926・大正15.06.25 3 歌のしほり 土方まさよし / 岡草男  
18 1926・大正15.06.25 3 現実    
18 1926・大正15.06.25 3 筒臺異聞    
18 1926・大正15.06.25 4 資料:織物卸商経営の現状 西村泰次郎 卒業生
18 1926・大正15.06.25 4 庭球部報    
18 1926・大正15.06.25 4 弓術部々報    
18 1926・大正15.06.25 4 語学部報    
18 1926・大正15.06.25 4 関西学生英語連盟    
18 1926・大正15.06.25 4 水上運動会の雑感    
18 1926・大正15.06.25 4 編纂部の事業 図書目録編纂に就て 山崎進  
18 1926・大正15.06.25 4 夏期大登山計画 北海道から朝鮮の山々まで 山岳部の大発展    
18 1926・大正15.06.25 4 折にふれてかづを 蝉山草人  
18 1926・大正15.06.25 4 近畿中等学校柔道優勝大会    
18 1926・大正15.06.25 4 国際問題研究会丘人報告    
18 1926・大正15.06.25 4 堂嶋河畔の血戦[漕艇]    
18 1926・大正15.06.25 4 卓球部独立経過    
18 1926・大正15.06.25 4 編纂後記    
19 1926・大正15.09.30 1 評論:死物化せんとする自治機関 山崎  
19 1926・大正15.09.30 1 日本経営学会の創立 商学、経営学一般の全国的共同研究の機関とす、創立会議参加者、日本経営学会の事業、日本経営学会規則    
19 1926・大正15.09.30 1 編纂部の死活問題 筒臺文化の悩み 河井源良  
19 1926・大正15.09.30 1 Aの遺稿 千秋生  
19 1926・大正15.09.30 1 丘に生れんとする経済学研究会に就いて 北野熊喜男  
19 1926・大正15.09.30 1 英文学研究会 山中幸夫  
19 1926・大正15.09.30 2 近来特に著しき我が商業研究所の発展 日本経済資料索引は今や完成の域に進む    
19 1926・大正15.09.30 2 渡米した増井教授 八月十六日解纜の天洋丸で    
19 1926・大正15.09.30 2 老後の花を南米で咲かす 岡田先生    
19 1926・大正15.09.30 2 神戸会計学会の組織改革さる 大会は十月下旬    
19 1926・大正15.09.30 2 齋藤教授 夏休み珍生活、    
19 1926・大正15.09.30 2 ブレンタノ教授をして知己の恩に泣かしめた 坂西先生の翻訳    
19 1926・大正15.09.30 2 開拓せよ南米の新天地 堀口氏の講演    
19 1926・大正15.09.30 2 学生教授の熱弁 筒臺文化の粋を吐く講演旅行    
19 1926・大正15.09.30 2 丸谷教授は「経済原論教科書」執筆中    
19 1926・大正15.09.30 2 教授訪問記 「休みがもうちつとあるといいんだがねえ、君」  小川教授  
19 1926・大正15.09.30 2 漫画漫文 佐々木教授、ハリエル先生    
19 1926・大正15.09.30 2 筒臺異聞    
19 1926・大正15.09.30 2 第五回懸賞論文審査結果    
19 1926・大正15.09.30 2 学校日誌    
19 1926・大正15.09.30 3 自治機関改革要旨 理事會、評議員会    
19 1926・大正15.09.30 3 連戦十有三日 覇権は遂に我校に 全国高専庭球大会    
19 1926・大正15.09.30 3 凡人をして驚倒せしむる大自然の奇跡に憧れて 富嶽-日本アルプス-夏季の登山部、、    
19 1926・大正15.09.30 3 海に陸に暑中休暇に於ける各部の活動 水泳部、陸上運動部、弓術部    
19 1926・大正15.09.30 3 夏期休暇中に於ける編纂部の大活躍    
19 1926・大正15.09.30 3 会計経営研究会復活さる    
19 1926・大正15.09.30 3 駄理三則 幽鬼王  
19 1926・大正15.09.30 3 詩苑順礼A仏蘭西篇2    
19 1926・大正15.09.30 3 詩三篇(ふる里にて) 星花  
19 1926・大正15.09.30 4 海外旅行記:布哇から日本へ 堀精三  
19 1926・大正15.09.30 4 海外旅行記:オリンダの一日 小寺巌  
19 1926・大正15.09.30 4 海外旅行記:新嘉坡雑感 XYZ生  
19 1926・大正15.09.30 4 海外旅行記:スマトラ 赤松茂  
19 1926・大正15.09.30 4 海外旅行記:角板山紀行 小木生  
19 1926・大正15.09.30 4 海外旅行記:夫々の土産を持って海外旅行團帰る    
19 1926・大正15.09.30 4 葺合村塾物語:四十人の学生さんのランプ掃除をさせられましてね 学生須藤文吉が宿泊帳に載っている 耶山堂主人の昔話    
19 1926・大正15.09.30 4 若蘭[ワカラン]宗匠の俳句手帳より    
19 1926・大正15.09.30 4 満鮮の印象 古河喜市  
19 1926・大正15.09.30 4 踏切で盗んだ秋波 山中幸夫  
19 1926・大正15.09.30 4 作者別連載小説に就いて    
19 1926・大正15.09.30 4 編纂室より、    
19 1926・大正15.09.30 4 編纂部一人一評    
20 1926・大正15.11.15 1 評論:学友会予算問題  河井源良  
20 1926・大正15.11.15 1 水島先生謝恩日:夜来の雨晴れて慈父の下に集ふ千余の学徒、    
20 1926・大正15.11.15 1 水島先生謝恩日:水島先生かすかなる笑顔を浮べて五十年前の日本を語る 水島先生  
20 1926・大正15.11.15 1 水島先生謝恩日:中央卸売市場に就て 吉村蛟氏   
20 1926・大正15.11.15 1 水島先生謝恩日:自由経済の爛熟と其修正時代 藤原米造氏   
20 1926・大正15.11.15 1 水島先生謝恩日:海外生活の所感 名村眞太郎氏   
20 1926・大正15.11.15 1 水島先生謝恩日:不景気の真因と其対策 前田房之助氏  
20 1926・大正15.11.15 1 水島先生謝恩日:夜は映画の会    
20 1926・大正15.11.15 1 会計士制度を討論の主題に 日本経営学会大会    
20 1926・大正15.11.15 1 Pan Pacific Scientific Congressに於ける我校の石橋教授    
20 1926・大正15.11.15 1 法学研究会発会 河井源良  
20 1926・大正15.11.15 2 近く生れる商業研究所叢書 第一は賠償問題    
20 1926・大正15.11.15 2 来年の入学試験には身体検査を厳重にする    
20 1926・大正15.11.15 2 教え子に送られて岡田先生の旅立ち 賑やかな中に淋しかったラプラタ丸の出帆、    
20 1926・大正15.11.15 2 去る恩師のために最後のお説教 講師は金子大栄師[岡田先生南米へ]    
20 1926・大正15.11.15 2 知らぬ人から日本刀の贈物[岡田先生南米へ]    
20 1926・大正15.11.15 2 法学研究は先ず民法から 田中教授のオ言葉    
20 1926・大正15.11.15 2 思い出の神戸を後に祖国に帰った徐講師    
20 1926・大正15.11.15 2 研究を始めた経済学研究会    
20 1926・大正15.11.15 2 懸賞英語審査発表    
20 1926・大正15.11.15 2 教授訪問記:文学往来道中の段 竹原教授訪問の事 竹原教授  
20 1926・大正15.11.15 2 齋藤教授転任を否定す    
20 1926・大正15.11.15 2 烏賀陽教授帰朝す    
20 1926・大正15.11.15 2 ESSAYを誤解しているものがある 内多教授談  
20 1926・大正15.11.15 2 会計士制度時代    
20 1926・大正15.11.15 2 筒臺異聞    
20 1926・大正15.11.15 2 時事附会録    
20 1926・大正15.11.15 2 学校日誌    
20 1926・大正15.11.15 3 筒臺是非:各種研究会の勃興に就いて 山崎  
20 1926・大正15.11.15 3 予定の行動 神宮競技に於て 排球部三たび優勝、、    
20 1926・大正15.11.15 3 六万の大観衆を熱狂せしめた三木の奮戦(全国学生相撲大会)    
20 1926・大正15.11.15 3 篠山異聞 すゝむ  
20 1926・大正15.11.15 3 秋の日本アルプスへ 山岳部    
20 1926・大正15.11.15 3 修学旅行々程    
20 1926・大正15.11.15 3 読書子に告ぐ[神戸高商図書館図書目録の広告]    
20 1926・大正15.11.15 3 各部々報:陸上運動部-ア式蹴球部-庭球部-相撲部    
20 1926・大正15.11.15 3 大学講演部の理想実現に努める 本校講演部    
20 1926・大正15.11.15 3 原稿と編輯    
20 1926・大正15.11.15 3 近頃お忙しい生嶋教授、、    
20 1926・大正15.11.15 3 仲秋四題 讃州 斗牛生  
20 1926・大正15.11.15 3 海上保険論開講 講師は藤本博士、、、    
20 1926・大正15.11.15 3 大正十四年度学友会収支決算報告    
20 1926・大正15.11.15 3 編纂部室より    
20 1926・大正15.11.15 3 小使さんの注文    
20 1926・大正15.11.15 3 葺合村塾物語:葡萄畑を縫う赤いパラソル 森上健次の夜警にげ出した男    
20 1926・大正15.11.15 4 丘人文藝欄:作者別連載小説 踏切で盗んだ秋波 第二回執筆者  櫻井龍史  
20 1926・大正15.11.15 4 火宅叫号 -私を語る- 幽鬼王  
20 1926・大正15.11.15 4 文学人を殺さず 山中幸夫  
20 1926・大正15.11.15 4 詩苑順礼(3)B米国篇    
20 1926・大正15.11.15 4 愚作二篇    
20 1926・大正15.11.15 4 汽笛 -一幕- 秋山哲夫  
20 1926・大正15.11.15 4 ゴシップ 哲想庵主人  
20 1926・大正15.11.15 4 編纂部室より    
20 1926・大正15.11.15 4 編纂部総まくり    
20 1926・大正15.11.15 5 語学部主催 欧州文学大講演会記録:トーマス、ハァディの人生観 内多教授  
20 1926・大正15.11.15 5 語学部主催 欧州文学大講演会記録:時、処と劇 坪内士行  
20 1926・大正15.11.15 6 我が国人口過剰の由来 畑中四郎(匿名)  
20 1926・大正15.11.15 6 懸賞論文審査要旨    
20 1926・大正15.11.15 6 鐡扉前の逡巡    
20 1926・大正15.11.15 6 編纂部本年度事業    
21 1926・大正15.12.15 1 大正十六年度研究指導科目発表さる 各指導者の計画=希望条件其の他    
21 1926・大正15.12.15 1 講演 宗教価値と經濟価値の交錯 賀川豊彦  
21 1926・大正15.12.15 1 住田氏の蒐集せる和漢書摘要解題(一)    
21 1926・大正15.12.15 2 住田正一氏の蒐集せる和漢書写本等一万冊を本校の所蔵に移す 我国に三冊よりない和漢船用集 「古への商業は経験を先にし学理を後にした」(住田正一氏談) 住田正一  
21 1926・大正15.12.15 2 八木教授帰朝 十一月二十六日神戸着、坂本教授は未定    
21 1926・大正15.12.15 2 国研会秋季講演会 国際主義の発達は経済上の必要より 当夜に於ける松岡[正男]氏の講演、村田[省蔵]氏は海運収入問題に就て 松岡[正男] / 村田[省蔵]  
21 1926・大正15.12.15 2 松岡講師辞任 来年度植民政策は未定    
21 1926・大正15.12.15 2 就職申込は例年より早いが採用数は減じた 学校当局は楽観    
21 1926・大正15.12.15 2 もよほし[催し] 学生経済講演会    
21 1926・大正15.12.15 2 音楽部公開演奏会    
21 1926・大正15.12.15 2 会計士制度に関する平井教授の報告 日本経営学会第一回大会に臨む 森三男  
21 1926・大正15.12.15 2 葺合村塾物語:二十余年 日曜も休暇もなしで通した中野さん 昼飯のお菜が豚汁 消費組合のおつさん    
21 1926・大正15.12.15 2 筒臺異聞    
21 1926・大正15.12.15 3 運動欄:蹴球部 関西ア式リーグ戦争覇記    
21 1926・大正15.12.15 3 運動欄:陸上競技部 対関西学院競技    
21 1926・大正15.12.15 3 運動欄:ラグビー部 我軍関大に敗る    
21 1926・大正15.12.15 3 運動欄:剣道部 明治神宮剣道優勝大会 第二十二回剣道大会    
21 1926・大正15.12.15 3 運動欄:野球部 対関学定期戦に惜敗    
21 1926・大正15.12.15 3 運動欄:弓術部 部長決定    
21 1926・大正15.12.15 3 運動:論評 我等が丘に熱の火を点ぜよ    
21 1926・大正15.12.15 3 教授訪問記:大山先生 頭禿げても油の研究 学生から恐がられた商品学 大山先生  
21 1926・大正15.12.15 3 現代大陸文学の傾向 千葉亀雄  
21 1926・大正15.12.15 3 時事附会録十一月    
21 1926・大正15.12.15 3 学校日誌    
21 1926・大正15.12.15 4 各班旅行記:嵯峨より三尾へ 深山草  
21 1926・大正15.12.15 4 各班旅行記:小豆島紀行 小人島守  
21 1926・大正15.12.15 4 短歌四首 しほ路  
21 1926・大正15.12.15 4 南城  
21 1926・大正15.12.15 4 道化の外套 小泉宏  
21 1926・大正15.12.15 4 年末所感 部員有志  
21 1926・大正15.12.15 4 筒臺いろは歌留多 よし坊  
21 1926・大正15.12.15 4 椿姫によする 星花  
21 1926・大正15.12.15 4 編纂室より    
21 1926・大正15.12.15 4 来春発会の運びに出づる法研会    
21 1926・大正15.12.15 4 大馬力の英文学研究会    
21 1926・大正15.12.15 4 新作五つほど    
  1927・昭和02.03.12 表紙 表紙カット タゴール  
  1927・昭和02.03.12   巻頭言 送別の辞、懐かしの筒井ケ丘(久保田もと一)    
  1927・昭和02.03.12 1 卒業生及其論文    
  1927・昭和02.03.12 9 丘を下る学徒に贈る 水島、田崎、瀧谷、斎藤、丸谷、小川、平井、生島、花戸 諸先生  
  1927・昭和02.03.12 16 岡田先生のおたより    
  1927・昭和02.03.12 18 丘を下る言葉 卒業生一同  
  1927・昭和02.03.12 41 葺合村塾に帰れ 津村秀松  
  1927・昭和02.03.12 45 学生研究論文:超人ツアラツストラ 松村幸雄  
  1927・昭和02.03.12 52 学生研究論文:信託制度と社会主義 片桐善治郎  
  1927・昭和02.03.12 56 学生研究論文:ブラジルの農牧業 辻小太郎  
  1927・昭和02.03.12 62 学生研究論文:労働全収権説とマルクス価値説 山名慶一  
  1927・昭和02.03.12 66 学生研究論文:丸谷教授の経済学(一)新着「教科書」を読む 北野熊喜男  
  1927・昭和02.03.12 74 文芸欄:詩苑順礼 山中幸夫 / 竹村英郎  
  1927・昭和02.03.12 77 文芸欄:生活短抄 山本生  
  1927・昭和02.03.12 82 各部々報 庭球部、野球部、排球部、水泳部、剣道部、卓球部、講演部、ラ式蹴球部、編纂部    
  1927・昭和02.03.12 40 雑文:理論より実際へ 北野熊喜男  
  1927・昭和02.03.12 96 決算報告    
  1927・昭和02.03.12 94 編輯後記 北野熊喜男  
200 1928・昭和03.03.10   表紙 井上覺造  
200 1928・昭和03.03.10 1 送別の言葉    
200 1928・昭和03.03.10 3 丘を下る学生に与ふ 諸先生  
200 1928・昭和03.03.10 10 丘を下る言葉 卒業生  
200 1928・昭和03.03.10 35 卒業生送別講演:商業大学と社会科学 大塚金之助  
200 1928・昭和03.03.10 43 卒業生送別講演:学理と実際 坂西由蔵  
200 1928・昭和03.03.10 44 学友会の一年を顧みて丘人に激す 笹埜實夫  
200 1928・昭和03.03.10 46 研究論文篇:経営学における経済性と社会性 篠原善晴  
200 1928・昭和03.03.10 52 研究論文篇:唯物論的弁證法序説 松本史雄  
200 1928・昭和03.03.10 56 研究論文篇:唯物弁證法と唯物史観 藤田信次  
200 1928・昭和03.03.10 64 研究論文篇:花戸教授財政学基礎概念 松村幸男  
200 1928・昭和03.03.10 66 研究論文篇:余の講義 花戸龍蔵教授  
200 1928・昭和03.03.10 67 研究論文篇:トマス・グレイ研究 森龍太郎  
200 1928・昭和03.03.10 75 文芸篇:友だちAとB 青江郎  
200 1928・昭和03.03.10 77 文芸篇:晩夏 秋山哲夫  
200 1928・昭和03.03.10 83 文芸篇:首途 春伴久  
200 1928・昭和03.03.10 96 学友会各部々報    
200 1928・昭和03.03.10 108 海外だより:伊太利亞より S教授  
200 1928・昭和03.03.10 110 海外だより:伯剌西爾より 岡田先生  
200 1928・昭和03.03.10 112 海外だより:英国より パロット先生  
200 1928・昭和03.03.10 115 卒業生及卒業論文    
200 1928・昭和03.03.10 124 決算報告 消費組合  
200 1928・昭和03.03.10 125 編輯後記    
208 1928・昭和03.12.21 1 Employee Stock Ownership 小論 石見松陽  
208 1928・昭和03.12.21 10 カール・メンガアの価値及び價格理論 杉慰重善  
208 1928・昭和03.12.21 35 日本銀行発券制度改正論 森本正義  
208 1928・昭和03.12.21 61 景気循環現象の一考察 久住昌男  
208 1928・昭和03.12.21 75 景気循環の概念及び研究方法(ミッチェル) 山門眞吉(訳)  
208 1928・昭和03.12.21 108 墺太利学派経済学方法論の批判 加藤進  
208 1928・昭和03.12.21 123 經濟概念の一節 高柳源十郎  
208 1928・昭和03.12.21 141 大学セツルメントに就て 大西喜一  
208 1928・昭和03.12.21 149 第七回懸賞論文審査結果    
208 1928・昭和03.12.21 150 第七回懸賞論文審査結果要旨    
210 1929・昭和04.03.09   表紙 樫本励  
210 1929・昭和04.03.09 1 丘を下る学生に贈る 諸先生  
210 1929・昭和04.03.09 7 丘を下る言葉 卒業生  
210 1929・昭和04.03.09 16 卒業生送別講演:生活経済学のいとぐち 宮田喜代蔵  
210 1929・昭和04.03.09 18 研究論文篇:シペングラーの機械論    
210 1929・昭和04.03.09 26 研究論文篇:貯蓄と過剰生産及び不景気 歩人生  
210 1929・昭和04.03.09 42 研究論文篇:価値理論より見たる Herman Heinrich Gossenn の学説 杉慰重善  
210 1929・昭和04.03.09 51 研究論文篇:世界は何処へ行く 山中英二  
210 1929・昭和04.03.09 56 ブックレヴュー:ブルガゴフ「經濟哲学」を読む 久住昌男  
210 1929・昭和04.03.09 58 ブックレヴュー:リーフマン「経済学原論」 奥田勗  
210 1929・昭和04.03.09 60 文芸篇:芸術の解剖 加藤進  
210 1929・昭和04.03.09 65 文芸篇:野獣派・立体派と代表作家 ウィリアム・オーベン 樫本励訳  
210 1929・昭和04.03.09 68 文芸篇:鳴門中将物語 草野嘉一  
210 1929・昭和04.03.09 74 文芸篇:創作-めもりす・おぶ・え・どりいむはんたあ 船越忠三  
210 1929・昭和04.03.09 78 文芸篇:訳詩二篇 敷島芙美緒  
210 1929・昭和04.03.09 80 文芸篇:随想-自己に語る ひさ・たもつ  
210 1929・昭和04.03.09 82 文芸篇:俳句    
210 1929・昭和04.03.09 85 学友会の一念 学友会各部  
210 1929・昭和04.03.09 101 批判と主張:過渡期の校友会組織に関する私案 草野嘉一  
210 1929・昭和04.03.09 103 卒業論文題目 第二十三回卒業生  
210 1929・昭和04.03.09 112 事業報告 消費組合  
210 1929・昭和04.03.09 113 編輯後記    
  1930・昭和05.02.18 1 限界対偶の法則論評 杉慰重善  
  1930・昭和05.02.18 20 我国封建制度崩壊の一考察 久住昌男  
  1930・昭和05.02.18 36 現代社会における消費組合の地位 森本正義  
  1930・昭和05.02.18 49 国民経済学における価値論の止揚 藤岡清俊  
  1930・昭和05.02.18 66 人口の随意的積極的制限に関する若干考察 藤川高  
  1930・昭和05.02.18 87 リカードウの価値論について 島田良一  
  1930・昭和05.02.18 105 金本位制度の得失 元木茂  
  1930・昭和05.02.18 124 歴史における唯物論的立場 松野秀夫  
  1930・昭和05.02.18 139 卒業論文論題    
  1930・昭和05.02.18 146 編輯後記    
  1931・昭和06.02.25 1 支那革命の発展 榎原勇  
  1931・昭和06.02.25 15 世界経済恐慌:その発展と本質 佐藤英夫  
  1931・昭和06.02.25 30 労働組合運動の史的発展 北條政次  
  1931・昭和06.02.25 44 科学方法論試論 豊島又衛  
  1931・昭和06.02.25 54 フォスター・カチングスの厚生政策 尾崎一水  
  1931・昭和06.02.25 68 賠償問題の将来と独逸国民経済(訳) 島田良一  
  1931・昭和06.02.25 78 英国預金銀行に就て 元木茂  
  1931・昭和06.02.25 98 サヴェート農村に於けるクラーク(富農)の清算 滋賀郁夫  
  1931・昭和06.02.25 108 一三八一年英国農民戦争に就て 奥田秋夫  
  1931・昭和06.12.16 1 マルクス地代論への覚書:リカアドオ外国貿易理論批判への前言 入江猪太郎  
  1931・昭和06.12.16 36 資本欠乏と財貨不比例 宮下忠雄  
  1931・昭和06.12.16 55 経営学に於ける費用概念 山下勝治  
  1931・昭和06.12.16 74 Yoemanry Association の生成と変転 杉村伸  
  1931・昭和06.12.16 91 労働法の指導原理 西川英三  
  1931・昭和06.12.16 108 自然律と社会制度 藤川高  
  1931・昭和06.12.16 139 庶民金融難打開策に就いて 植野国一  
  1931・昭和06.12.16 150 ケインズによって取扱はれたる公開市場政策 島田良一  
  1931・昭和06.12.16 163 支那工場法及之が我が在外工場に及す影響 大倉敏男  
  1931・昭和06.12.16 173 我国五大電力会社の資産負債及損益構成の調査 富島一夫  
211 1933・昭和08.02.09 1 マルクス恐慌理論序説 大塚恭二  
211 1933・昭和08.02.09 43 パレトーの交換の一般的均衡理論 家本秀太郎  
211 1933・昭和08.02.09 64 トゥークの所論とその研究 入江猪太郎  
211 1933・昭和08.02.09 84 静態の概念について 岡本龍夫  
211 1933・昭和08.02.09 103 ヴィザーの限界効用理論 島田良一  
211 1933・昭和08.02.09 119 シュピートホフの恐慌論 伊豫又夫  
211 1933・昭和08.02.09 128 分割払販売について 戸田義郎  
212 1934・昭和09.01.29 1 三十週年記念懸賞論文集:三等論文:在満邦商の疲弊と輸入くみあひの設立 原木文夫  
212 1934・昭和09.01.29 26 三十週年記念懸賞論文集:三等論文:経営学の回顧と展望 栗田眞造  
212 1934・昭和09.01.29 42 三十週年記念懸賞論文集:三等論文:関税政策より見たる日満経済統制論 杉山實  
212 1934・昭和09.01.29 65 三十週年記念懸賞論文集:佳作論文:最恵国條款の基本的原理 水野一郎  
212 1934・昭和09.01.29 80 三十週年記念懸賞論文集:佳作論文:商業政策学の基礎理論的立脚点 奥田修蔵  
212 1934・昭和09.01.29 91 三十週年記念懸賞論文集:佳作論文:自由貿易保護貿易論争の再吟味 鈴木信道  
212 1934・昭和09.01.29 104 三十週年記念懸賞論文集:特別論文:需要と消費 福島文人  
213 1935・昭和10.03.10 1 リカアドオ価値論に於ける固定資本及び流動資本に就いて 高尾勇  
213 1935・昭和10.03.10 16 近世初期日欧交渉の歴史的意義 辻野博  
213 1935・昭和10.03.10 33 生産財価格決定への前書 福島文人  
213 1935・昭和10.03.10 51 端緒の方法に就て 橋本四郎  
213 1935・昭和10.03.10 59 制度派経済学概説 杉浦良七郎  
213 1935・昭和10.03.10 83 コーバッチの経営能率論 栗田眞造  
213 1935・昭和10.03.10 110 農村問題特殊研究 玉山勇  
214 1935・昭和10.12.20 1 経済学説の基本思想に就て 生駒俊太郎  
214 1935・昭和10.12.20 21 消費過少論の一研究 宍戸一  
214 1935・昭和10.12.20 32 舊南部藩における名子制度 玉山勇  
214 1935・昭和10.12.20 54 経営学的社会観に就いての一私見 栗田眞造  
214 1935・昭和10.12.20 69 経営学的認識の一試論 七瀬透  
214 1935・昭和10.12.20 81 商業興信事業の研究 岡本理一  
214 1935・昭和10.12.20 103 日比経済関係に付いて 中村直一  
214 1935・昭和10.12.20 119 満州国の関税改正と其の影響を論ず 白戸勇  
214 1935・昭和10.12.20 157 農村経済更生と産業組合 龜田卯作  
214 1935・昭和10.12.20 173 土民を中心として見たる蘭領東インド経済実情 浦野忠一  
215 1936・昭和11.12.20 1 静的数量説より動的数量説への発展過程を論ず 志波幸雄  
215 1936・昭和11.12.20 24 貨幣経済に於ける自然利率の一考察 京田博一  
215 1936・昭和11.12.20 44 平価切下論序説-金本位制の近代的性格 長満郁郎  
215 1936・昭和11.12.20 67 古代ゲルマンに於ける土地制度 岡谷育郎  
215 1936・昭和11.12.20 82 W. Stanley Jevons 経済学序説 生駒俊太郎  
215 1936・昭和11.12.20 128 編輯後記 雑誌部  
216 1938・昭和13.02.10 1 財政学研究の一方向:財政学の政治的性質に就いて 小林衛一  
216 1938・昭和13.02.10 24 「クラーク分配論」研究覚書 岡本敏雄  
216 1938・昭和13.02.10 42 国際貿易の成立に就いて:古典学派理論を中心として 鈴木勝治  
216 1938・昭和13.02.10 66 我国所得税に於ける累進課税について 新貫一  
217 1938・昭和13.12.25 1 子どもの遊び さのかづひこ  
217 1938・昭和13.12.25 10 青年 マルセル・アルラン / 生島遼一  
217 1938・昭和13.12.25 34 ケネー研究の一齣 新貫一  
217 1938・昭和13.12.25 46 微分係数法を提唱す 佐々木孝紀  
217 1938・昭和13.12.25 68 或手帳 島野平六  
217 1938・昭和13.12.25 70 野井寛  
217 1938・昭和13.12.25 80 水脈 キャサリン・マンスフィルド/ 北風康彦  
217 1938・昭和13.12.25 102 戦争と經濟に関する主要文献 学生委員会編  
217 1938・昭和13.12.25   編輯後記 北風康彦  
218 1941・昭和16.03.20 1 競爭乃至独占理論の一考察 鈴木尚孝  
218 1941・昭和16.03.20 17 トランスファー理論に於けるカール・イヴェルセンの立場 河野通治  
218 1941・昭和16.03.20 29 経済倫理についての一試論 小谷清彦  
218 1941・昭和16.03.20 43 方法意識に就て-経済政策理論の領域 門脇重夫  
218 1941・昭和16.03.20 57 外国雑誌論文紹介    
218 1941・昭和16.03.20   編輯後記 田村泰夫 / 小山満男 / 小谷清彦