新聞記事文庫 金・銀(15-013)
京城日報 1939.6.25(昭和14)


産金会社法改正令公布で朝鮮金山開発の愈よ創立


金山探鉱を目的とする朝鮮金山開発会社は日本産金振興会社法第二十五条を改正し同社の子会社として創立すべく準備を進めていたが三十三日附改正勅令の公布をみるに至った
即ち二十五条に朝鮮の金山探鉱助成の為めに会社を創立し昭和十七年末までに四百五十万円を投資すべしとの一項が加えられた訳である

近く登記手続

産金振興では既に事務的準備は完了している事とて一両日中に発起設立を行い発記の手続きを執る筈である、草間副社長が二十九日帰任の予定であるから多分それまで一切を完了し、七月一日から開業の途に至るものとみられる、社長には支社長阿部千一氏、取締役は志賀、村上参事が兼務するものとみられる



データ作成:2001.7 神戸大学附属図書館