新聞記事文庫 労働(12-137)
満州日日新聞 1938.10.24(昭和13)


満洲国労働統制法愈よ制定さる

労力資源の確保と保護を確立

来月中公布・年内に実施


満州国政府では、曩に労働統制の実行機関として満州労工協会を設け国内における労働者の需給調節に当らしめつつあったが更に国内における労働統制の基礎を確立し労力資源の確保と労働者の保護を図り合理的に労働力の需給を調整せしめるため法規の制定を必要とし先般労働統制要項を決定、今回更に労務委員会の議を経て、いよいよ本格的統制に乗り出すことになった、同法は来月中に公布し、年内に実施の予定であるがその統制要項左の通り

一、機構整備要領

1、企画委員会の設置に伴い郎豪奢に対する大綱的方策は今後同委員会において審議す
2、入国労働者取扱機関たる大東公司は労工協会に統合す、これに従い従来大東公司において行える外国労働者の身分証明書発給事務は雨後満州労工協会においてこれを行う
3、時に国内余剰労働力の積極的仕様および労働者需給調査を決定するためこの際地方関係機関および満州労工協会を整備充実す
4、職業紹介業(特殊職業紹介を除く)および労働市場は民法第三十一条により法人又は知行公共団体の外、これを管理又は経営することを得ざるものとし、原則として満州労工協会をしてその施設を整備せしむ
5、労働者の募集又は供給業は関係各省庁の許可を受くべきものとしその統制を全からしむ

二、需給統制の要領

1、政府必要と認むる時は労働者雇い入れ仕様労務の対価又は条件に関し労働者を使用若しくは供給する各種事業者又はその団体に対し統制協定の締結を命ずることを得
前項の場合、その他事業者又は団体において統制協定を締結したる時は政府の許可を受くべく政府必要と認める時は前項の統制協定の内容の修正を命ずることを得
2、政府特に必要と認める時は前項の統制協定に加盟せざるものに対しこれに従うことを命ずることを得
3、政府必要と認める時は労働者を使用する各種事業者又はその団体に対し一定期間労働者の保有を命ずることを得
4、政府は労働者の募集又は供給に関し当該事業者に対し統制上必要ある命令を出すことを得
5、政府は労働者の保護に関しては労働者の需要若しくは供給を各種事業者に対し必要なる命令をなすことを得るものとす
6、前各項の許可又は命令は主管部大臣の権限とするも必要に応じ省長に委任することも得
7、省長は公共のため事業遂行上緊急の必要に基づき満州労工協会より願出ありたる時は管内各県に対し労働者の員数割当これが応募を命ぜしむることを得この場合省長は応募労働者の賃銀その他の待遇に関し労工協会に対し保護上必要なる命令をなすことを得
8、省長は労働者の使用に対し定期または臨時に労働者使用計画を提出せしむることを得
9、省長は労働者の募集もしくは供給を業となすもの、または労働者の使用者に対し定期または臨時に労働者に関し必要なる事項を報告せしめることを得

三、労働者の登録要項

1、労働者と称するは雇用契約により賃銀を得て労役に従事するものおよび労役に従事活独立して業を営むものをいう
2、左の労働者は登録をなし登録票の発給を受くべし
イ、常時三十人以上の労働者を使用する工場鉱山土木建築業および交通通信業に従事する労働者
ロ、民生部大臣の指定する国よりの入国労働者
ハ、民生部大臣の指定する労働者
3、労働者登録および労働票の発給は満州労工協会をしてこれを行はしむ、前項の事務に要する経費は満州労工協会の負担とす
4、第二項に掲げるものは所定の儀式により満州労工協会に対し労働者登録および労働票の発給を申請す、前項の場合において常時三十人以上の労働者を使用する工場鉱山土木建築業および交通通信業の経営者または管理者はその使用する労働者に代わり前項の申請をなすべし
5、官業労働者または左の法令により免許を受くべき労働者の労働者登録および労働票の発給事務は当該事業機関または当該免許機関これを行うことを得
6、外国労働者に対して別に定むるところにより身分証明書を提示し入国許可を受けたるものはその身分証明書を持って労働票と見なす
前項身分証明書の複本はこれを登録原簿と成すみなす。

“統制法の運用に民間も協力せよ” 宮沢民生部次長談

右統制に関し民生部次長宮沢惟重氏は語る
 労働統制に関しては早くからその必要性が叫ばれていたが、何分にも国内労働事情が複雑しておりまた確たる政府の担当機関もなかったのでこれが実現を見なかったが、今回総務庁をはじめ関係各部の協力を得て本部これに当たり労働統制要項の成案を得、政府としての方針が決定したのである、即ち統制の第一要件としては使用者に対し労働者の雇入れ使用労働者の対価条件につき協定を結ばしめ、また協定に加盟しておらぬものにも統制に従わしめ各事業者の協定違反を防止し適正なる事業の遂行をなさしめるものである、各人が勝手に自己の利便のみを図ることとなるならば勢い甚だしい迷惑を与え茲にいろいろと面倒なことを起こって却って皆が不利益を蒙ることとなるのであってまた国家的立場より見ても甚だ不都合を生ずるわけである、従って右協定を遵守するということが必要となるわけである、また需給の統制を行うためには手段として労働票の発給を行う必要があり先般暫行労働票発給原則が公布され目下満州労工協会をしてその発給事務を行わしめている、労働票発給により政府は労働者の職業の種類、移動、分布状態を察知し労働者の斡旋をなし労働者の過不足を調整することが出来るが更に政府は労力資源の確保を図るためには、保有命令其他適切なる方法によってこれを行い事業遂行上、必要なる協力をなさしめることが肝要である更に労働者の募集供給に関しても統制ある方法により之を行わしめ速やかに其目的を達せしめ合理的配分により事業者側の利便を図ると共に労働者の人格を尊重し労働賃銀、労働条件その他の待遇につき十分の対策を講じて労働者の生活の向上を図る事に留意し其保護に遺憾ならしめ労働者をして進んで労働に従事せしめるよう努める次第である、其ほか事業者に対し使用労働者に関する報告の義務や、労働者使用計画提出の義務を課し有効なる対策を講ぜしめ事業の円滑なる運用を図り統制の実をあげんとするものである、本制度はこれまでに事業者および労務者のために考慮されて来たのである、その成が果運用は多大の努力を必要とするものであり、政府としては問題の重要性に鑑み地方関係機関及び労働統制の執行機関たる満州労工協会を更に整備充実して十分の効果をあげようとしているが、この制度の適切なる運用については独り官のみの力ではとうてい不可能であって各位の協力を俟つところ大なるものがあり、各位も政府の意を体して十分の支援あらんことを切望する


データ作成:2005.5 神戸大学附属図書館