兵庫県南部地震記録紙 1995年1月17日午前5時46分 M7.2−この経験を今後に生かすために−
社団法人兵庫県放射線技師会 平成7年1月


戦後最悪の震災となりました、兵庫県南部地震の被災会員に心からお見舞い申し上げます。

 今回の兵庫県南部地震は、史上最大規模の震災となりました。日を追って大惨事の被害状況の大きさが増し、心を痛めております。
 通信、交通が途絶えており、会員の被災状況の把握が困難でありますので苦しんでおりますが、一部の情報では、被災会員のいることが伝えられております。詳細が判明致しましたらお知らせ申します。本会と致しましても被災会員への救済策を考えております。
 なお、世界放射線技師会の役員各国から、いち早いお見舞いのFAXや電報に接しております。兵庫県会員の皆様にお見舞い申し上げるとともに、このこともお知らせしたいと思います。
 助け合いが心の支えにと存じます。
 先ずは取り急ぎご連絡まで。

1月18日

中村 實

地震発生翌日、中村 實日本放射線技師会会長より、兵庫県放射線技師会事務所にお見舞いを頂きました。


(c)1996社団法人兵庫県放射線技師会(デジタル化:神戸大学附属図書館)