大震災・母と子

阪神・淡路大震災を体験した
妊産婦373人の発言





[発行者」
兵庫県産婦人科学会
兵庫県医師会

[発行日]
平成10年1月

[請求記号]
震災-10-269




本ページでは、アドビPDFを使用した電子文書を含んでいます。 それらのコンテンツを参照される場合には、 アドビ アクロバットリーダー アプリケーションが必要です。 お持ちで無い場合には、上のバナーからリンクした アドビ社のHP上から無料で入手できます。
項目 容量 全ページ
表紙 73KB 全文
[4.2MB]
序文 55KB
凡例・目次 29KB
本文 容量
1. 阪神・淡路の地理と被災の地域差  p1-5 115KB
2. 妊娠・出産の生理と経理  p5-10 222KB
3. 模範解答派と体験記述派  p10-12 116KB
4. 1995年1月17日  p12-15 112KB
5. 避難  p15-21 236KB
6. 一番困ったこと  p21-22 115KB
7. 水、水、水!  p22-28 229KB
8. 風呂  p28-33 170KB
9. モノとカネ  p33-45 422KB
10. 交通マヒ  p45-51 240KB
11. 歩く  p51-54 175KB
12. 妊産婦の不安  p54-59 178KB
13. 医療情報  p59-67 294KB
14.”ひとこと”の効果  p67-73 230KB
15. 地震当時の病院  p73-80 298KB
16. 病院間の連携  p80-92 418KB
17. 医療要員  p92-98 242KB
18. 行政  p98-100 119KB
19. 母と子  p100-105 180KB
20. 非常事態で考えたこと  p105-108 178KB
21. 被災して体験したやさしさ  p108-109 56KB
22. 多項目にわたる意見  p109-126 605KB
23. 1924人の意見分布  p126-135 257KB
24. 追悼  p135-139 172KB
25. 常ニ備ヘヨ  p139-140 114KB
26. みんな元気ですか  p140-142 67KB
編集後記  p143-144 73KB
(c)1998 兵庫県産婦人科学会・兵庫県医師会
(デジタル化:神戸大学附属図書館)
震災文庫ホームページ
震災文庫デジタルギャラリー
※本資料は、「兵庫県産婦人科学会・兵庫県医師会」の
許諾をいただき、震災文庫(神戸大学附属図書館)から
デジタル公開するものです。