― 請求記号: 震災-10-382-1 ―

阪神・淡路大震災報告書(上)


表紙イメージ
【発行者】
社団法人 日本精神神経科診療所協会
社団法人 兵庫県精神神経科診療所協会
【発行日】
2002年5月
【その他】

本資料は、「社団法人 日本精神神経科診療所協会 , 兵庫県精神神経科診療所協会」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 第1章 阪神・淡路大震災と精神科診療所
 I. 阪神・淡路大震災と精神科診療所   生村  吾郎  3-12 [2.4MB]
 II. 阪神・淡路大震災日記−震災下の日々   宮崎  隆吉  13-18 [1.6MB]
19-27 [2.4MB]
 III. 震災下の医療活動   浅野  達藏  28-31 [1.1MB]
 IV. 震災ホットライン報告    −24時間電話相談ボランティア活動から−  小林  和  32-37 [1.3MB]
 V. 被災地周辺の震災後  仮設住宅から復興住宅へ   冨永  貴則  38-40 [600KB]
 VI. 被災地の今  −震災は終わらない−   宮崎  隆吉  41-43 [570KB]
 第2章 調査研究報告
 ■ はじめに  47-48 [390KB]
 ■ A. 「阪神・淡路大震災後の精神科診療所の定点観測アンケート」調査  49-55 [1.1MB]
 ■ B−1 「阪神・淡路大震災後の精神科診療所における診療概要」調査  56-67 [2.3MB]
 ■ B−2 「1996年1月1日〜1996年12月31日の間の被災地5診療所における              震災関連新規利用者の概要」調査  68-71 [870KB]
 ■ B−3 「阪神・淡路大震災が精神科診療所に及ぼした長期的影響」調査              −被災地内外の精神科診療所の診療実績の継時的調査を通して−  72-78 [1.1MB]
 ■ B−4 「被災中心部、被災周辺部の精神科診療所の阪神・淡路大震災後5年間の診療概要の比較」調査  79-90 [2.0MB]
 ■ C. 「精神科診療所スタッフの阪神・淡路大震災後のメンタルヘルス−GHQ30を用いて」調査  91-92 [360KB]
 第3章 エッセイ
 ◇ 阪神大震災と私   池永  雅彦  95-99 [1.3MB]
 ◇ 私の震災体験   京谷  泰明  99-100 [450KB]
 ◇ 偽医者   冨永  貴則  100-101 [440KB]
 ◇ 震災とアルコール   宮崎  隆吉  101-103 [690KB]
 ◇ ナマケ医者の震災体験「ハレからケヘ」の心で   西松  央一  103-105 [650KB]
 ◇ 阪神大震災と診療所での活動   谷本  健士  105-107 [810KB]
 ◇ 私の震災体験   寺田  照久  108-109 [460KB]
 ◇ 悪夢の大震災   朝井  榮  109-110 [320KB]
 ◇ 阪神大震災と私   浅野  達藏  111-115 [1.3MB]
 ◇ 阪神大震災で、―精神科開業医としてのかかわり   寺内  嘉一  115-117 [660KB]
 ◇ 震災を顧みて   大崎  登志子  117-118 [440KB]
 ◇ 川柳からの阪神大震災追想   大西  俊和  119-121 [570KB]
 ◇ ワンルームマンションで暮らす   新川  賢一郎  122-124 [760KB]
 ◇ 私のPTSD(?)   上枝  一成  124-125 [480KB]
 ◇ 想像力の欠如   大森  和広  126-127 [490KB]
 ◇ 尼崎市における震災後の精神科領域の活動について   真殿  実  127-128 [450KB]

  ©2002 兵庫県精神神経科診療所協会,社団法人 日本精神神経科診療所協会(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ