― 請求記号: 震災-11-43 ―

平成7年 阪神・淡路大震災 建築震災調査委員会中間報告

被害のマクロ分析   木造住宅等以外の被害調査分析   今後の検討課題

 

表紙イメージ
【発行者】
建築震災調査委員会
【発行日】
平成7年8月
【その他】

本資料は、「建築震災調査委員会」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 1.建築震災調査委員会の活動について
 はじめに 1 [180KB]
 1.1 委員会構成 1-2 [360KB]
 1.2 委員会の活動 2 [180KB]
 1.2.1 緊急調査 2-3 [340KB]
 1.2.2 外部団体調査結果の集約・分析 3 [160KB]
 1.2.3 委員会メンバーによる現地調査 3-5 [460KB]
 2.被害状況のマクロ分析
 2.1 地震被害概要及び応急危険度判定について 6 [160KB]
 2.1.1 地震及び被害の概要 6-7 [420KB]
 2.1.2 『使用禁止』建築物の判定 7 [250KB]
 2.1.3 応急危険度判定
 (1)概要 7-9 [590KB]
 (2)応急危険度判定要領
 2.2 マクロ調査結果の分析 10 [220KB]
 2.2.1 建築震災調査委員会緊急調査結果のマクロ分析 10 [220KB]
 (1)建築震災調査委員会緊急調査の概要 10 [220KB]
 (2)建築震災調査委員会緊急調査の集計結果
 a)各選択肢別の調査建築物棟数 11 [300KB]
 b)調査項目別のクロス集計結果
 【1】所在地と震災による処理について 11-23 [3.0MB]
 【2】用途と構造について
 【3】構造と被災度ランク(構造)について
 【4】用途と被災度ランク(構造)について
 【5】被災度ランク(構造)と推定建築年について
 【6】構造体被害状況と推定建築年について
 【7】構造と構造体被害状況について
 【8】被災度ランク(構造)とピロティーについて
 【9】鉄骨造接合部の被害と推定建築年について
 【10】鉄骨造柱脚の被害と推定建築年について
 【11】被災度ランク別(構造)の神戸市全体の建築物棟数(推定)との比較
 2.2.2 応急危険度判定結果のマクロ分析
 (1)応急危険度判定データの性格 24 [220KB]
 a)票数 24-37 [2.7MB]
 b)単純集計の概要
 【1】鉄筋コンクリート造
 【2】鉄骨構造
 【3】木造建築物
 c)危険度判定結果の判定
 (2)分析と仮説 37-42 [1.2MB]
 (3)地区別の母数についての把握 42 [290KB]
 a)神戸市 42-44 [700KB]
 b)その他の市のストック状況について
 (4)建築年次別の罹災率の検討 44-54 [1.4MB]
 2.2.3 日本建築学会兵庫県南部地震被害調査WGによる調査結果のマクロ分析 55 [250KB]
 (1)日本建築学会兵庫県南部地震被害調査WGによる調査の概要 55 [250KB]
 (2)日本建築学会兵庫県南部地震被害調査WGによる調査の集計結果
 a)各選択肢別の調査建築物棟数 55-57 [660KB]
 b)調査項目別のクロス集計結果
 【1】用途と構造について
 【2】地上階数と構造について
 【3】被災度ランク(構造)と構造について
 【4】被災度ランク(構造)と用途について
 2.2.4 中央区の特定の地域を対象とした悉皆調査の分析 58 [240KB]
 (1)調査地域の特定 58 [240KB]
 (2)悉皆調査の分析結果
 a)調査地域における調査建築物棟数 58-65 [2.3MB]
 b)調査項目別のクロス集計結果
 【1】建築年と被害状況との関係
 【2】用途と被害状況との関係
 2.2.5 日本建築学会・日本都市計画学会・兵庫県による被災度調査 66 [220KB]
 2.2.6 建築業協会調査結果のマクロ分析 67 [270KB]
 (1)建築業協会調査の概要 67 [270KB]
 (2)建築業協会調査の集計結果
 a)各選択肢別の調査建築物棟数 67-75 [2.0MB]
 b)調査項目別のクロス集計結果
 【1】所在地と震災による処理について
 【2】用途と構造について
 【3】構造と被災度ランク(構造)について
 【4】用途と被災度ランク(構造)について
 【5】被災度ランク(構造)と推定建築年について
 【6】構造体被害状況と推定建築年について
 【7】構造と構造体被害状況について
 【8】被災度ランク(構造)とピロティーについて
 【9】鉄骨造接合部の被害と推定建築年について
 【10】鉄骨造柱脚の被害と推定建築年について
 【11】被災度ランク別(構造)の神戸市全体の建築物棟数(推定)との比較
 2.2.7 マクロ分析のまとめ 76 [210KB]
 (1)建築物被害の特性
 a)建築年と被害状況との関係 76-78 [610KB]
 b)用途種別と被害状況の関係
 (2)建築物被害と死者について 78 [170KB]

  ©1995 建築震災調査委員会(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ