大地震の被災動物を救うために : 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録 / 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録編集委員会編. - 発行:[神戸] : 兵庫県南部地震動物救援本部, 1996.12. 請求記号:震災-7-156,318,319

ボランティア元年

人と人との温もり。多くの方々が震災を通じて考えさせられたことは実に多い。
1995年、ボランティアが活躍した年。
救援物資の仕分けや配送、避難所の管理はもちろん、水くみ、家内整理などすべての分野にボランティアの力が注ぎこまれた。動物救援にも。

 

炊き出し(湊川市場)

ボランティア
約9200名/日
1/17〜2/17
約20000名/日
2/18〜3/16
約14000名/日
3/17〜4/3
約7000名/日
4/4〜4/26
約2700名/日
4/27〜5/29
約1100名/日

(1/17〜5/29累計12148万名)

救護ボランティア(東灘区 岡本)

被災動物の世話をするボランティア(神戸市北区 神戸動物救護センター)

 

がんばれ神戸 屋外コンサート(本山南中学校)

被災動物の世話をするボランティア(神戸市北区 神戸動物救護センター)


(c) 1996兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録編集委員会 (デジタル化:神戸大学附属図書館)
目次画面へ戻る