大地震の被災動物を救うために : 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録 / 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録編集委員会編. - 発行:[神戸] : 兵庫県南部地震動物救援本部, 1996.12. 請求記号:震災-7-156,318,319. p274

第五章 資料編
阪神・淡路大震災シンポジウム

阪神・淡路大震災シンポジウム
「人と動物の大震災
何がおこり、何をなすべきか」

ヒトと動物の関係学会
兵庫県南部地震動物救援本部
 共催
1995年10月22日 於:神戸文化ホール

阪神・淡路大震災シンポジウム
「人と動物の大震災 何がおこり、何をなすべきか」

10:00 開会
来賓の挨拶
  
10:10 シンポジウム第1部
「震災と動物の行動 一動物は何をみたか一」
座長 会田 保彦(日本動物愛護協会事務局長)
1)地震予知と動物  弘原海 清(大阪市大学理学部長)
2)動物園の動物たち 権藤 眞禎(神戸市立王子動物園長)
3)避難所の動物たち 吉田 明子(日本愛玩動物協会)
  
11:40 話題提供
災害救助犬とは 本田 憲(JKC中央訓練委員会委員長)
  
12:10 昼食休憩
  
13:30 シンポジウム第2部
「震災の中の人と動物の関係 ―人は動物に、動物は人に何をしたか―」
座長 旗谷 昌彦(兵庫県南部地震動物救援本部副本部長/(社)神戸市獣医師会長)
1)動物救援本部報告  宮崎 一美(三田動物救護センター所長)
2)動物救護センターの動物と人  市田 成勝(神戸動物救護センター所長)
3)初期活動のボランティア  馬場 国敏(馬場動物病院/川崎市)
4)淡路からのリポート  安藤 武樹(安藤動物病院/兵車県)
5)神戸からのリポート  安達 忠幸(安達動物病院/神戸市)
  
15:30 休憩
  
16:00 第3部
総合討論(会場参加)
「何をなすべきか ―動物救援マニュアルの確立に向けて―」
座長  林 良博(ヒトと動物の関係学会長/東京大学農学部教授)
話題提供者
杉原未規夫(兵庫保健環境部生活衛生課主査)
松田 早苗(動物救援本部副本部長/(社)日本動物福祉協会阪神支部副支部長)
山田  誠(名古屋市)
原   希(千葉県佐倉市)
山口千津子((社)日本動物福祉協会獣医師)
戸田 耿介(兵庫県立人と自然の博物館 三田市)
  
17:55 閉会の挨拶 鷲尾 勝彦(動物救援本部本部長/(社)兵庫県獣医師会長)
  
18:00 閉会


(c) 1996兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録編集委員会 (デジタル化:神戸大学附属図書館)
目次画面へ戻る