大地震の被災動物を救うために : 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録 / 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録編集委員会編. - 発行:[神戸] : 兵庫県南部地震動物救援本部, 1996.12. 請求記号:震災-7-156,318,319

計画的派遣(2)

ボランティア活動が円滑に営まれるためには、最低限の人数が必要である。しかし、多ければ良いというものではない。適正な人数が居て、始めて十分に機能する。学生ボランティアは、休みになると、溢れるほどに駆けつけてくれた。しかし、授業があれば、そうはいかない。大きな災害時には、休みをスライドさせるなどの工夫があってもよい。
 獣医師ボランティアは、もっと切実である。経験と十分な知識がある獣医師が長期間、ボランティア活動を続けることは困難である。組織と現場が、密に話し合い、詳細なスケジュールを立てることが何よりも重要なことであろう。
 (社)大阪府獣医師会、(社)大阪市獣医師会、および(社)横浜市獣医師会などが実施した計画的な獣医師派遣は、今回のボランティア活動に大きな成果をもたらした。

神戸動物救護センターの獣医学生ボランティア
(c) 1996兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録編集委員会 (デジタル化:神戸大学附属図書館)
目次画面へ戻る