― 請求記号: 震災-7-375 ―

学生の震災ボランティア体験 ―語る・聴く・考える―


表紙イメージ
【発行者】
東京都立大学人文学部社会福祉学科
【住所】
〒192−03
東京都八王子市南大沢1−1
TEL 0426−77−2122(学科事務室)
【印刷製本】
プリント永山
東京都町田市小野路町3177−1
TEL 0427−36−3388
【発行日】
1996年3月31日
【その他】

本資料は、「東京都立大学人文学部社会福祉学科」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 まえがき  石原 邦雄

1-2 [480KB]

 第1部 震災ボランティア体験を考える
 I  聴きとり対象者と神戸での活動・生活の概要  高杉 彰子
 後藤 浩二
5-10 [1.3MB]
 II  学生のボランティアイメージの考察 〜震災ボランティアへのインタビューを通して〜  高杉 彰子 11-20 [2.4MB]
 III  ボランティアの側の「癒し」について 〜「援助者」が抱え込む問題〜  後藤 浩二 21-30 [2.2MB]
 IV ボランティア団体内部の疲労とその対処 〜団体内部の人間関係に着目して〜  村瀬 千晶 31-42 [2.9MB]
 第2部 震災ボランティア体験を語る・聴く
 I  国際ボランティアとともに ―小田さんの場合― 45-56 [2.8MB]
57-63 [1.6MB]
 II  張りつめた生活と消耗するボランティア ―藤井さんの場合― 64-77 [3.2MB]
 III 未来へつなぐ土台づくり ―小嶋さんの場合― 78-89 [2.3MB]
90-101 [2.3MB]
 第3部 震災ボランティアの1年後の思い
 1.藤井さん 105-106 [380KB]
 2.梅沢さん 107-108 [390KB]
 3.飯野さん 109 [200KB]
 4.小嶋さん 110-112 [620KB]
 5.高橋さん 113-114 [290KB]
 6.中島くん 115-116 [410KB]
 あとがきにかえて 〜本書の作成過程と担当教員のかかわり〜 石原 邦雄

117-122 [1.3MB]


 ©1996 東京都立大学人文学部社会福祉学科(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ