― 請求記号: 震災-8-137 ―

大災害に備えて学校は何をすべきか
阪神・淡路大震災から学校が学んだこと  全国に、そして未来に伝えたいこと 
神戸の学校現場からの堤言


表紙イメージ
【発行者】
全教神戸市教職員組合
【住所】
〒650
神戸市中央区下山手通り4丁目13−9 (中尾ビル 3F)
TEL 078−391−7508
【発行日】
平成8年8月
【その他】

本資料は、「全教神戸市教職員組合」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 はじめに 3 [240KB]
 提言1 ふだんからの豊かな人間関係こそ防災対策 全ページ [1.2MB]
 1.防災マニュアルより、ふだんからの人間関係 4-5 [510KB]
 2.地震を想定した避難訓練 5-6 [490KB]
 3.管理主義を克服して、自主的判断力を育て質の高い集団づくりを 6 [240KB]
 4.一人一人にていねいな対応ができる学級 7 [250KB]
 5.養護教諭の複数配置の必要性 7 [250KB]
 6.特別の防災教育は必要か 8 [230KB]
 提言2 学ぶ場としての学校の充実が緊急時の有効な対策につながる 全ページ [2.2MB]
 1.学校施設の貧困さが避難者を苦しめた 9 [230KB]
 2.学校の再開と学校での避難生活は両立できなかった 9-10 [430KB]
 3.ほんらい学校に必要な施設・設備 10-12 [600KB]
   *学校のゆとりある空間
   *ランチルームを完備した学校給食
   *電話回線
   *温水シャワー、給湯設備を備えた横になれる休養室
   *保健室の充実
 4.緊急の避難所の運営はだれがするのか 13-14 [460KB]
 5.学校は子どもの安心と成長の拠点 14-16 [550KB]
 6.学校の安全な立地条件と耐震性の強化 17-18 [530KB]
 7.日頃からの豊かな諸施設の充実が長期の快適な避難所を準備する 18-19 [430KB]
 提言3 教職員の自主性・主体性がふだんから発揮できる学校 全ページ [1.3MB]
 1.教職員の自主性尊重が災害への対応力を高める 20 [280KB]
 2.みんながいきいきと働く職場のあり方 21 [290KB]
 3.学校の主体性の確保と教育行政が学校に果たす役割 21-23 [830KB]
 4.教職員の通勤と災害時の体制 23 [220KB]
   *被災による転出入事務の簡素化 24 [230KB]
 提言4 地域に根ざす教育と学校 全ページ [1.3MB]
 1.地域に根ざし地域を学ぶ理科と社会科の実践 25-26 [540KB]
 2.地域に根ざした学校 26-27 [600KB]
 3.小さな校区に適切な規模の学校 27-28 [540KB]
 4.地域の高校に行ける総合選抜の入試制度 28 [240KB]
 5.地域に根ざした小さな障害児学校 29 [250KB]
 提言5 子どもが主人公の学校こそ必要 全ページ [700KB]
 1.非常事態の中で子どもが主人公の学校をかいま見た 30 [240KB]
 2.子どもが見せた力と学んだこと 31 [210KB]
 3.主人公になってこそ大きく伸びる子どもたち 32 [260KB]
 そして、神戸の真の復興のために 33-34 [400KB]
 阪神・淡路大震災と学校に関する文献 35-37 [560KB]

  ©1996 全教神戸市教職員教会(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ