― 請求記号: 震災-8-61 ―

阪神・淡路大震災  神戸市立看護短期大学からの報告


表紙イメージ
【発行日】
平成7年11月
【編集】
尾形誠宏  中野智津子  玉置榮一
【事務局】
中川浩  浜田晃明  伊藤栄里子
【その他】

本資料は、「神戸市立看護短期大学」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 まえがき  学長  尾形 誠宏 1 [250KB]
 写真による回想 2-3 [570KB]
 被災復旧を陰で支えた女たち  学長  尾形 誠宏 5-7 [960KB]
 阪神・淡路大震災と平成6年度卒業生  副学長  中野 智津子 7-9 [950KB]
 母と地震  教授  平田 雅子 9-10 [580KB]
 阪神淡路大震災に思ったこと  教授 x 田中 靖子 10-13 [1.2MB]
 大震災に思う  教授  西田 恭仁子 13-15 [980KB]
 大震災の体験と病院ボランティア  教授  絹巻 敏子 15-17 [940KB]
 避難所の救護  教授  西川 千歳 17-19 [940KB]
 震災忌  助教授  山田 省吾 19-21 [850KB]
 寒さと痛みと辛さの中で  助教授  中野 悦子 21-23 [940KB]
 平成7年1月17日の大地震に際する感想  助教授  能川 ケイ 23-24 [630KB]
 写真による回想 25-30 [1.5MB]
 はじめの一歩  講師  蔦川 譲 31-34 [1.2MB]
 大震災で考えたこと  講師  池内 佳子 34-36 [980KB]
 仮設住民へのボランティアを通して感じること  講師  川越 清子 36-37 [650KB]
 震災が及ぼした循環器病棟への影響  講師  善家 里子 37-39 [1.0MB]
 家を失う  講師  安達 和美 39-40 [640KB]
 大地のうねり  講師  近森栄子 41 [200KB]
 震災以後に思うこと  助手  萩野 真奈美 41-43 [860KB]
 地震が残したもの  助手  橋本 育世 43-44 [690KB]
 「…神戸は遠かった」  助手  塩見 千賀子 44-45 [650KB]
 震災後あらためて神戸を想う  助手  藤本 悦子 45-46 [620KB]
 阪神大震災を経験して感じたこと  助手  西村 理恵 46-48 [980KB]
 その時、考えたこと  出来たこと  事務長  中川 浩 48-50 [880KB]
 その日、私は  庶務係長  浜田 晃明 50-52 [910KB]
 阪神大震災雑感  学生係長  永瀬 一也 52-53 [630KB]
 震災の教務へ及ぼした一側面  教務係長  榎 夫 53-55 [980KB]
 義授金をいただいた方々 56 [220KB]
 激励文等をいただいた方々 57 [120KB]
 編集後記 あとがき [140KB]

  ©1995 神戸市立看護短期大学(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ