― 請求記号: 震災-8-66,192,370 ―

災害時に学校はどうあるべきか  阪神淡路大震災84日


表紙イメージ
【発行】
兵庫県立兵庫工業高等学校
【住所】
神戸市兵庫区和田宮通2丁目1−63
 
電話  (078)671−1431(代表)
FAX  (078)671−7435
【印刷】
水山産業株式会社
【住所】
神戸市長田区二番町3丁目4−1
電話  (078)577−3757(代表)
FAX  (078)576−3165
【その他】

本資料は、「兵庫県立兵庫高等学校」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 発刊にあたって [260KB]
 1  地震発生時の学校は
 直後の状況と対応 4-7 [860KB]
 生徒が学校管理下にある時 8 [190KB]
 2  震災と学校
 1)  震災後の経過
       1/17から4/16まで 9-13 [1.1MB]
       生徒・家族の被災状況
       被災者の推移
       施設設備の被害状況
       生徒の安否・動向等の確認
 2)  学校再開に向けて 14-24 [2.6MB]
 3) 学校の動き
       教育の現場と避難所は同時に成立しえたか 25-38 [2.9MB]
       学校に水が戻るまで
       震災と自治会
       被災者名簿の打ち込み
       修学旅行
       義援金
       授業料免除と各種奨学金
       救援物資受け入れ
       最初の登校日
       文部省の研究指定発表会の中止
 3  震災と私
 普通の生活 ○学校は無事なのか ○地震の朝 ○炊き出しとガールスカウト活動
 ○震災とパソコン通信 ○皆と共に生活している安心感 ○12時間の通勤
 ○ボランティアに関する考察 ○大切なものに触れた大震災
 ○5時46分の一瞬のために
39-50 [3.2MB]
 ボランティアを考える ○震災の時おもったこと ○ボランティアと私
 ○人の優しさにふれて ○震災でわかったこと ○神戸市立西市民病院4階
51-56 [1.9MB]
 生命の保護・提言・謝辞 56-58 [830KB]
 4  震災を考える
 1)  生徒への震災の影響調査 59-62 [1.0MB]
 2)  考察 震災と地盤 63-66 [1.4MB]
 3)  地盤の被害状況 67 [240KB]
 あとがきにかえて 68 [160KB]

  © 兵庫県立兵庫高等学校(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ