― 請求記号: 震災-8-82 ―

阪神・淡路大震災の記録 オリオン


表紙イメージ
【発行者】
神戸親和女子大学
【住所】
〒651−11
神戸市北区鈴蘭台北町7丁目13番地1号
【発行日】
平成8年3月23日
【印刷】
株式会社 七旺社
【その他】

本資料は、「神戸親和女子大学」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 第1部 手記
 阪神大震災 ―生死をさまよって―  英文学科4年  松村 麻里砂 13-19 [1.8MB]
 東灘区で体験した震災  国文学科4年  小谷 久美 20-24 [1.1MB]
 避難所での生活  国文学科4年  勝原 知 25-26 [490KB]
 私を変えたもの  国文学科2年  賀藤 邦子 27-30 [1.1MB]
 震災の日の朝  国文学科4年  吉山 暁美 31-32 [520KB]
 震災を通して感じたこと  国文学科3年  西田 衣公子 33-36 [910KB]
 あの日々のこと  国文学科3年  匿名 37-42 [1.5MB]
 震災体験と親族の不幸  国文学科1年  五十嵐 昌子 43-45 [660KB]
 大震災が起きた時  国文学科1年  北田 真理 46-47 [550KB]
 スーパーでアルバイトをして  英文学科4年  前田 憲子 48-50 [640KB]
 地震について  英文学科2年  石田 麻紀 51-53 [507KB]
 兵庫県南部地震  英文学科2年  崎山 有歌子 54-59 [1.5MB]
 災害対策本部から復旧本部へ  学生部長  宮崎 和夫 60-61 [1.4MB]
 日記抄 ―阪神大震災  国文学科教員  櫻井 武次郎 62-66 [1.4MB]
 震災体験、そして環境問題  本学非常勤講師  古武家 善成 67-70 [930KB]
 猪木聡子先生追悼文  本学非常勤講師  井上 正子 71-72 [420KB]
 児童教育学科2年  生澤 奈津子 73-74 [300KB]
 児童教育学科2年  石野 順子 75 [260KB]
 児童教育学科2年  一野 美穂 76-77 [270KB]
 鈴木弘美さん追悼文  国文学科4年  奏 麻里子 78 [220KB]
 第2部 震災日誌 81-88 [1.7MB]
 第3部 対話集会
 「阪神・淡路大震災をめぐる教職員・学生対話集会  ―あれから1年―」 91 [310KB]
 大震災を振り返って  学長  藤井 昭治 92 [270KB]
 鈴木弘美さんを偲ぶ  ラクロス部有志 93-95 [790KB]
 対策本部としての活動と経過  学生部長  宮崎 和夫 96-98 [670KB]
 震災後の日誌  庶務課  池田 秀史 99-101 [590KB]
 阪神・淡路大震災の被災とその感想  国文学科教員  辻 憲男 102-103 [540KB]
 私の被災体験  英文学科教員  則藤 力 104-108 [1.3MB]
 ボランティア活動について  児童教育学科教員  野口 益代 109-111 [750KB]
 被災地へ学生の安否を訪ねて  児童教育学科教員  但尾 哲哉 112-116 [1.4MB]
 集会での学生からの意見 117 [150KB]
 第4部 資料 121-139 [4.0MB]
 第5部 再生にむけて
 今後の兵庫県南部地震に関連して  ―無視された警告書―  本学元学長  三東 哲夫 143-147 [1.5MB]
 地震などの非常時の対策について  震災の記録 
 編集委員会委員長 
 菅野 圭昭
148-152 [1.0MB]
 第6部 甦えれKOBE  ―結び―
 教訓を風化させてはならない  学長  藤井 昭治 155 [130KB]
 はばたけフェニックス  理事長  小林 発巳 156 [210KB]

  ©1996 神戸親和女子大学(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ