― 請求記号: 震災-8-97 ―

’95 災害研究フォーラム 「阪神・淡路大震災を考える」 講演録


表紙イメージ
【編集発行】
損害保険料率算定会 研究部
〒101 東京都千代田区神田美土代町7番地
東京YMCA会館内
TEL 03−5259−0863
【印刷】
(株)善光堂印刷所
【発行】
平成8年3月
【その他】
 

本資料は、「損害保険料率算定会 研究部」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

  I.開会の挨拶
 ・難波桂芳  災害科学研究会委員長 [13:00〜13:05] 1 [390KB]
  II.話題提供
 1.建物被害について ―新たな耐震設計法の確立を―
 ・岡田恒男  地震災害予測研究会委員 [13:05〜13:35] 3-9 [1.9MB]
 2.建物の安全性をどう考えるか 安全性のレベル論議のためのメモ
 ・古瀬   敏  災害科学研究会建物部会委員 [13:35〜14:05] 11-17 [1.8MB]
 3.地震災害と防災対策(危機管理)
 ・村上處直  災害科学研究会特別委員[14:05〜14:35] 19-27 [2.5MB]
 4.地震災害と保険について
 ・松島 実  日本損害保険協会火災・地震保険委員会委員長[14:35〜15:05] 29-35 [1.9MB]
 III.討論
 司会 37-56 [5.6MB]
 ・小林啓美 地震災害予測研究会主査
 ・垣見俊弘 地震災害予測研究会副主査
 パネラー
 ・岡田恒男 (前掲)
 ・村上處直 (前掲)
 ・古瀬 敏 (前掲)
 ・関沢 愛 (災害科学研究会建物部会委員)
 ・松島 実 (前掲)[15:20〜16:45]
 IV.閉会の挨拶
 ・吉野正敏  災害科学研究会副委員長[16:45〜16:50] 57-58 [390KB]

  ©1996 損害保険料率算定会 研究部(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ