― 請求記号: 震災-9-235,243 ―

阪神・淡路大震災と神戸の地盤−「神戸JIBANKUN」の構築ならびに地盤と被害の分析−


表紙イメージ
【発行日】
平成11年3月
【編集者】
神戸市
財団法人 建設工学研究所
【発行所】
財団法人 建設工学研究所
【住所】
〒657−0011
神戸市灘区鶴甲1丁目3−10
TEL(078)851−1850
FAX(078)851−5454
【印刷所】
有限会社岸本出版印刷
【住所】
神戸市兵庫区西柳原町3番29号
TEL(078)681−2456
FAX(078)681−2457
【その他】

本資料は、「財団法人建設工学研究所」の許諾をいただき、
震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。


アクロバットリーダのダウンロード
↑Adobe readerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

 目    次 

 第1章 調査の概要 
 1.1調査の内容および流れ
1-3 [148KB]
 1.2「神戸JIBANKUN」の構築
4-12 [1,743KB]
  1.2.1システムの内容
  1.2.2データの構成
 第2章 神戸の地盤
 2.1地形概要
13-16 [928KB]
 2.2地質概要
17-25 [832KB]
  2.2.1地質構成
  2.2.2地質構造
 2.3地盤構成
26-48 [3,457KB]
  2.3.1概要
  2.3.2各地域の地盤構成
  2.3.3沖積層の特徴
 2.4土質特性
49-62 [809KB]
  2.4.1概要
  2.4.2砂礫質土の粒度分布
  2.4.3粘性土の特質
 2.5地下水位
63-67 [383KB]
  2.5.1地下水位分布
  2.5.2表層地質との関連
  2.5.3まとめ
  2.5.4今後の問題点
 第3章 兵庫県南部地震による各種被害と地形・地質との関連分析
 3.1被害の概要
68-72 [446KB]
  3.1.1建物被害
  3.1.2土木構造物被害および地震による地盤変位
73-83 [1,016KB]
 3.2被害と地形・地質との関連分析
83-92 [1,124KB]
  3.2.1分析に用いる地形・地質データ
  3.2.2建物被害と地形・地質
92-117 [3,528KB]
  3.2.3土木構造物被害および地盤変位データと地形・地質
118-148 [4,721KB]
 3.3液状化と地震被害
149-156 [1,076KB]
  3.3.1噴砂の分布
  3.3.2「神戸JIBANKUN」による液状化判定
  3.3.3液状化と地震被害
  3.3.4液状化の評価に関する今後の検討
 第4章 まとめ
 4.1「神戸JIBANKUN」から得られた新しい成果
157-163 [439KB]
 4.2「神戸JIBANKUN」構築の背景および意義
 4.3今後の課題
 (巻末資料)
 目次
164 [47KB]
 ■基準ボーリング調査結果
165-177 [712KB]
 ■委員会、事務局の構成表
178 [44KB]

  ©1999  財団法人建設工学研究所(デジタル化:神戸大学附属図書館)

home 震災文庫デジタルギャラリー
toppage 震災文庫トップページ