神戸関係の資料と地図
公開資料一覧


資料名 発行年/出典資料 資料番号/所蔵館 概要
摂津国名所大絵図 1748(寛延1)年
発行:木村壽陽堂(京都)
住田5C-165
住田文庫(社会科学系図書館)
摂津国全域の名所絵図で縦横120cmの大判である。
摂津国八部郡麁絵図 未詳(江戸末期?) 村上198-12
村上文書(社会科学系図書館)
神戸村等を含む八部郡の村名などを記した地図。花熊村の庄屋、村上家の村上文書の資料。「麁」は「粗い」という意味である。
海上絵図 1847(弘化4)年 住田5C-51
住田文庫(社会科学系図書館)
大坂から筑後若津までの海路図。
神戸村図 未詳 住田5C-201
住田文庫(社会科学系図書館)
村内の道路など、幕末期の状況を記した概略図である。生田川沿いに「勝鱗太郎殿 操練所」(勝海舟の建言により開設された海軍操練所)が見える。ただし、所々に貼られた紙は明治期のもののようで、実際の書写年は定かでない。
兵神市街之図 1880(明治13)年
発行:栗田福三郎(元町通)
住田5C-203
住田文庫(社会科学系図書館)
1879年、郡区町村編成法により、兵庫・神戸と坂本村を併せて、「神戸区」が設置された。この地図は、その翌年のもの。「兵神」という表記には、「兵庫」「神戸」それぞれ別の町という意識の残存がうかがえる。左上に各地点への距離表があるが、基点は神戸駅の東、相生橋である。
神戸市細見全図 1891(明治24)年
発行:山川鶴吉(宇治野町)
住田5C-204
住田文庫(社会科学系図書館)
1889年、市町村制施行により、「神戸区」に東の葺合村と西の荒田村を併せて「神戸市」が誕生した(当時の人口は約13万5千人)。本資料はその2年後のもので、小さな字で詳細に記された地図である。下部には、居留地商館の一覧表もある。
第百号海図「神戸港」 1903(明治36)年
発行:海軍省水路部
社会7-5-31
社会科学系図書館
本図は海軍省水路部作成の海図である。軍作成の海図には発行順に番号がふられる。水深や錨地など港付近の状況がよくわかる。陸地も相当詳細に描写されており、20世紀初頭の状況がよくわかる。
実測神戸市地図 1912(明治45)年
発行:石丸甚八(元町)
人間291-47-360
人間科学図書館
1896(明治29)年、湊村・林田村と須磨村の一部が編入され、神戸市は葺合・神戸・湊東・湊・湊西・林田の6区構成となる。この地図は明治末期のもので、都市整備にいくつかの進展がみることができる。なお、本図は民間刊行となっているが、原図は神戸市役所である。縮尺は15000分の1。
実地踏査神戸市街全図(昭和7年) 1932(昭和7)年
発行:和楽路屋(大阪)
社会14-1-636
社会科学系図書館
1920年に須磨町が、1929年に西郷町・六甲村・西灘村が編入された。市域は須磨区から灘区までとなり、人口も70万人を超えた。本図は2年違いの市街地図2枚である。縮尺は12000分の1。裏面には観光案内と播州地図等がびっしり書かれている。わずか2年の差だが、仔細に見比べると違いが各所にある。
その後第二次大戦を経て、1947年に有馬町など北部3町村と伊川谷村など西部7村、次いで1950年に御影町など東部5町村、1951年に道場村など北部3村が編入された。さらに1955年に長尾村、1958年に淡河村が編入され、現在の神戸市域となっている。
実地踏査神戸市街全図(昭和9年) 1934(昭和9)年
発行:和楽路屋(大阪)
人間291-47-361
人間科学図書館
操練所繪圖:神戸村 未詳 住田5C-202
住田文庫(社会科学系図書館)
神戸海軍操錬所とは、日本ではじめて造られた海軍工廠、海軍士官養成機関である。勝海舟がその設置を幕府に建言した。1864年(元治1)竣工。しかし、翌年1865年には閉鎖された。東西約300メートル、南北約180メートルの規模で、その東端は旧生田川に面した。現在の中央区新港町あたりで、同地には「史蹟旧海軍操練所跡」碑が建立されている。
また操錬所の北側、現在の阪急電鉄三宮駅あたりに勝海舟邸があったといわれている。
神戸港外国貿易六十年対照図表 1928(昭和3)年?
発行:神戸税関
社会13-9-30
社会科学系図書館
1868(明治元)年から1927(昭和2)年までの60年間にわたる神戸港の外国貿易について輸出・輸入それぞれの金額を折れ線グラフで表している。特筆すべき年には注釈が書かれていて、貿易の推移とその要因などが一目でわかる。
神戸港沿岸利用状況調査図 出典:『神戸港大観』
発行:神戸市役所港灣部
       現神戸市役所みなと総局
-
社会科学系図書館
神戸市が発行する年報『神戸港大観』に所収されている神戸港の詳細図面。利用状況も記されている。


Copyright(c) 2006 Kobe University Library. All rights reserved.