神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 新聞記事文庫 】

新聞記事文庫 新聞別一覧

国民新聞

 全部で 9998件 参考資料について

明治23(1990)年2月、徳富蘇峰により創刊された。当初は「平民主義」を唱えたが、三国干渉問題を契機に帝国主義的国家主義の立場を取るようになった。明治後期から大正初期にかけては政界中枢にある山形有朋・桂太郎の藩閥勢力と密接な関連があり、日露講話問題(明治38年)や憲政擁護運動(大正2年)ではいずれも桂内閣を代弁する論陣で群衆の襲撃にあっている。
一方で日本新聞史上はじめて地方版を創設(明治40)するなど紙面改良に熱心であった。桂太郎の死去後は党派色を薄めて一般紙に脱皮、東京五大新聞に数えられるようになった。蘇峰の人気も根強かった。
しかし、関東大震災で大打撃をうけて経営は著しく悪化し、甲州財閥根津嘉一郎の援助を受けることとなったが、根津側の紙面に及ぶ干渉に耐えかね、昭和4(1929)年1月に蘇峰は退社した。
その後昭和8(1933)年に名古屋の「新愛知」傘下に入り、17(1942)年10月新聞統合で「都新聞」と合併廃刊、「東京新聞」となって戦後にいたっている。