神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 新聞記事文庫 】

新聞記事文庫 新聞別一覧

時事新報,東京時事新報

 全部で 18254件 参考資料について

明治15(1882)年3月、福沢諭吉によって創刊された。政党新聞全盛の当時にあって、不偏不党の立場から時事を論じたのが大きな特色である。特に、国際報道に力を入れており、明治26(1893)年にはロイター通信と独占特約を結んでいる。日英同盟や第一次大戦前後においての活躍もめざましかった。経営・編集の中核は福沢門下の慶応人脈であり、東京の新聞界にあってその権威という点では高い評価を得ていた。
大正2(1913)年の憲政擁護運動では桂内閣打倒の論陣に加わった。
大正中期以降は、大阪で創刊した「大阪時事新報」の不振などから経営が悪化し、さらに関東大震災で大きな痛手をこうむった。この時期には社内人事抗争や名物記者の退社も続いた。不振を取り戻せないまま経営者交代が相次ぎ、昭和7(1932)年には鐘紡の武藤山治に経営が委ねられたがこれも奏効せず、9年に武藤が凶弾に倒れたころにはますます不振が深刻となり、結局11(1936)年12月をもって「東京日日新聞」に併合される形で解散・廃刊となった。
戦後、関係者によって再刊されたが成功せず、最終的には「産経新聞」に吸収合併された。