神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 新聞記事文庫 】

新聞記事文庫 新聞別一覧

万朝報

 全部で 1405件 参考資料について

明治25(1892)年11月、黒岩涙香により創刊された。「普通一般の多数民人」に時事を伝えることを謳ったこの創刊は、政論新聞から商業新聞へという流れのなかで大きな意味をもっている。1部1銭という破格の廉価や「鉄仮面」など涙香の通俗翻訳小説の連載、娯楽記事の充実などの新機軸を打ち出した。また、スキャンダル暴露も呼び物で、上流階級からは「赤新聞」とさげすまれながらも読者の大きな支持を獲得した。
初期には、内村鑑三・幸徳秋水・堺利彦などを記者に擁して社会問題啓蒙に大きな役割を果たした。日露戦争に際しては当初非開戦論を強硬に主張したが、途中から開戦論に転じて幸徳らの退社を招いている。
大正2(1913)年の憲政擁護運動では桂内閣打倒を唱える中心的存在となり、翌年のシーメンス事件に伴う山本内閣倒閣運動にも参加した。その後をうけた大隈内閣に対しては支持を貫いたが、大隈の人気低下とともに読者を減らしたといわれる。
大正9(1920)年に涙香が死去すると急速に経営が悪化、さらに関東大震災が追い打ちをかけた。その後建て直しがはかられたが奏功せず、昭和15(1940)年9月に廃刊して「東京毎夕」と合併した。