神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 新聞記事文庫 】

新聞記事文庫 新聞別一覧

大阪朝日新聞

 全部で 64869件 参考資料について

明治12(1879)年、村山竜平らにより創刊された。当初の題号は「朝日新聞」で、22年1(1889)月に「東京朝日」創刊に伴い「大阪朝日新聞」となった。小型で大衆的ないわゆる「小新聞」として出発したが、明治20年ごろから大新聞への脱皮を果たしていった。日清戦争では号外を頻発して近畿一円に勢力を広げるなど、順調に部数を伸ばした。
明治31(1898)年には京阪神における独占特約をロイター通信と結び、また海外通信員の配置も積極的に進めている。日露戦争では「大阪毎日新聞」と号外戦を繰り広げ、また戦後の講和問題では非講和の急先鋒として激しい政府攻撃でたびたび発行停止処分となった。
大正期に入ると、第一次大戦と戦後のベルサイユ講和会議に多数の記者を欧州に派遣し、同様の態勢をとった「大阪毎日」とともに大きな成果をあげた。明治後期から大正期にかけては鳥居素川が編集の中心にあり、普通選挙促進運動や大戦末期の軍備縮小促進運動などのキャンペーンを盛んに行っている。しかし大正7(1918)年に米騒動の記事差止に端を発した寺内内閣糾弾運動の中でおきた筆禍事件(いわゆる「白虹事件」)は鳥居以下多くの記者の退社という結末を招き、打撃となった。
経営面では大正8年(1919)に株式会社化、部数も順調に伸張して大正末期には100万部をこえていたといわれる。昭和に入っても「大阪毎日」とは報道と販売宣伝の両面で激しい競争を繰り広げている。
昭和15(1940)年、東京・大阪・西部・名古屋の四本社体制が確立し、題号を「朝日新聞」に統一した。