神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 新聞記事文庫 】

新聞記事文庫 新聞別一覧

大阪毎日新聞

 全部で 48888件 参考資料について

明治9(1876)年2月、「大阪日報」として創刊された。その後自由党の別働隊である日本立憲政党に買収され一時「日本立憲政党新聞」となるなどしたが、資金難から兼松房次郎らに譲渡され、明治21(1888)年11月「大阪毎日新聞」として再出発した。翌年から相談役に就任した本山彦一により輪転機導入や地方版発行など近代化がはかられた。
明治30年代に入ると、原敬、小松原英太郎を次いで36(1903)年からは本山が社長に就任(昭和7年まで)、「大阪朝日新聞」との二大紙体制はこの時期に確立された。明治44(1911)年には「東京日日新聞」の経営を譲渡され、東西での新聞発行となった。
大正期に入って、第一次大戦と戦後のベルサイユ講和会議には多数の記者を欧州に派遣し、同様の態勢をとった「大阪朝日」とともに、大きな成果をあげた。大正7(1918)年には株式会社組織となり、大正末期には部数も100万部を突破していたといわれる。昭和に入っても「大阪朝日」とは報道と販売宣伝の両面で激しい競争を繰り広げた。
昭和18(1943)年1月、「東京日日」と題号を統一し「毎日新聞」となった。

※『大阪毎日新聞』記事索引データベースが、「大阪産業労働資料館 エル・ライブラリー」HPより公開されました。(2013.5.1)
こちらのページからダウンロードすることが可能です→ http://shaunkyo.jp/shinbunkijisakuin.html
「大阪産業労働資料館 エル・ライブラリー」とは →「エル・ライブラリー」HPへ