明治期に日本で出版された朝鮮の地図。朝鮮王朝時代の行政区分は、北から咸鏡道(ハムギョンド)、平安道(ピョンアンド)、江原道(カンウォンド)、黄海道(ファンヘド)、京畿道(キョンギド)、忠清道(チュンチョド)、慶尚道(キョンサド)、全羅道(チョルラド)の八道であった。
五畿八道朝鮮細見全図