神戸大学附属図書館と阪神大震災

English version is here


1月17日の阪神大震災から約4カ月、神戸大学附属図書館の機能はほぼ旧に復し、新入生を含む利用者でにぎわっています。
このページでは、震災における被害状況と復旧活動について報告します。あらためて防災対策が問われる中、何らかのご参考になれば幸いです。
以下の内容の多くは、「神戸大学附属図書館報 v. 4, Supplement」(3月15日発行)をもとにしています。

今回の震災においては、全国の皆様から多くのご支援やお見舞いを頂きました。心より感謝を申しあげます。

                              平成7年5月