請求記号について

English

 震災文庫の資料リストには、各資料に「震災-4-15」のような「請求記号」を表示しています。
 これは一義的には書架配列用の番号ですが、資料の種類・整理種別をもある程度表していますので、その見方をご説明します。




分類番号


 たとえば、「震災-4-15」の「4」は分類番号です。「震災文庫資料分類表」に従い、経済・市民生活・医療など16種類に分類しています。




図書記号


 分類につづく最後の部分(たとえば「震災-4-15」の「15」)は、「図書記号」です。配列のための受入順一連番号ですが、 数字のみのもののほか、「震災-4-s15」のようにアルファベットが付加されるものがあります。


数字のみ(震災-4-15)


 通常の図書館の目録処理を行う資料。震災文庫目録に加えて、もう少し詳しい情報を 国立情報学研究所の全国総合目録(WWW版検索サービス Webcatはこちら)と神戸大学図書所蔵目録にも登録しています。
 市販図書だけでなく、報告書類や視聴覚資料もできるだけこのカテゴリーに入れ、様々な目録で検索できるようにしています。


数字の前に「v」(震災-4-v15)


 広報類・レジュメ・パンフレット等の資料。通常の図書目録の手法がとりづらいので、WWWの震災文庫目録でのみ管理しています。
 ただし、レジュメなどもきちんとした冊子形式のものは上の「数字のみ」扱いとしています。


数字の前に「s」(震災-4-s15)


 チラシ・ポスターなど1~2枚の資料。これも「タイトル」等を決定しがたいので、WWWの「震災文庫目録」でのみ管理しています。
 なお、この種の資料は保存上も通常の図書と混ぜて配置しにくいので、別途キャビネットに収納しています。


数字の前に「z」(震災-4-z15)


 雑誌の一部分に震災関連記事が掲載されているもの。これもWWWの「震災文庫目録」でのみ管理しています。


数字の前に「n」(震災-4-n15)


 ボランティア団体「震災・活動記録室」が収集した資料。「震災文庫」でお預かりして公開しています。
WWWの「震災文庫目録」でのみ管理しています。