神戸大学検索機能 -- ヘルプ --

検索機能の使いかた

検索機能についてのヘルプです(最終更新 2016.09.01)。
疑問点・ご要望などは、www-adm@lib.kobe-u.ac.jp までお願いいたします。

目次


概要・収録内容

本システムを利用して、各アーカイブを検索することができます。
一部の資料は一次情報として、中身の全文・画像情報等を閲覧することができます。

各アーカイブには専用ホームページがあり、そこから簡易検索及び詳細検索を行うことができます。
また、一覧リスト・電子展示・利用案内などそれぞれの資料特性にあわせたサービスも展開しておりますので、そちらもあわせてご利用ください。
現在提供中のアーカイブは以下の通りです。

震災文庫

神戸大学附属図書館では阪神・淡路大震災関連資料の網羅収集をめざし、平成7年10月より「震災文庫」として一般公開しています。
検索機能では、約20000件(2003.01現在)を超える収集資料のメタデータ(目録情報のような「データに関するデータ」のこと)が検索可能です。また、チラシ・ポスター等の「一枚もの資料」や写真資料など約2000点について全文もしくは画像の閲覧ができます。
今後は、資料の内容情報が細かく検索できるような目録情報の増強や、図書なども含めた全文・画像情報の提供をめざしていきます。

震災文庫ホームページはこちら


基本機能など

各アーカイブのホームページのトップ画面は、「簡易検索画面」を兼ねています。簡単な検索はこの画面から行うことができます。
詳細な条件設定や日付の範囲検索など、より高度な検索は「詳細検索」をご利用下さい。

各画面上部のヘッダー部分には、いくつかのリンクが設けてあります。

TOPに戻る
該当アーカイブホームページのトップ画面に移行します。
初期画面からの新規検索になります。

詳細検索
該当アーカイブの詳細検索画面に移行します。
より高度な検索ができます。

ヘルプ
この画面です。別ウインドウで立ち上がります。

簡易検索

簡易検索機能は、それぞれのアーカイブホームページのトップ画面にあります。

ここでは、細かな条件設定などを考える必要なく、手軽に検索を行えます。
なお、複雑な条件を指定しての検索には「詳細検索」機能を用意してありますので、そちらをご利用ください 。

簡易検索の手順は、検索キーワードを入力して「検索」ボタンを押すだけです。
必要に応じて、検索結果一覧画面1ページにおける該当レコード表示件数を指定してください。

検索キーワードの入力

簡易検索は、全データ項目を対象とし、入力された文字列を含むものをすべて検索します。
また、指定の演算子を利用することで、AND検索・OR検索・NOT検索を行うことができます。

■ キーワード
(単語のみ)
(熟語、フレーズ)
(書名そのまま)
(書名の一部)

このように、単語・熟語でも書名の全部・一部でも、とにかく入力した文字列をどこかに含んだ全データを検索することができます。
よみ(ひらがなに限る)からの検索もできます。ただし、よみはタイトル・著者しか入力されておらず他の項目にはヒットしませんのでご注意下さい。

■ 演算子
※ 複数キーワードによる検索は、AND検索・OR検索・NOT検索を実行します。それぞれの複合検索も可能です。

・AND検索
(「仮設」と「支援」を含むデータ)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を半角スペースで区切る。
2つのキーワードを共に含むデータが検索されます。

・OR検索
(「仮設」または「支援」を含むデータ)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を 小文字プラス(+)で区切る。
2つのキーワードのどちらかを含むデータが検索されます。

・NOT検索
(「仮設」を含み、「支援」を含まないデータ)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を 小文字ハイフン(-)で区切る。
「仮設」を含み、「支援」を含まないデータが検索されます。

・複合検索
(「仮設」と「支援」両方、もしくは「地震」を含み、「訓練」を含まないデータ)
異なる演算子を同時に利用することもできます。その場合、演算子の優先度は出現順となります。
よって、上記例はと同等なります。尚、括弧による優先付けは無視されます。

■ フレーズで検索したい場合
・フレーズ検索
(「economic policy」という文字列を含む。「economic * policy」とは異なる)
前述のように「仮設 住宅」と間に空白を置くよりも、「仮設住宅」と続けた方が(検索漏れの危険はありますが)無駄なヒットが少なくなります。
ところが欧文など、続けた形で検索したくとも、語間に空白をあけざるをえない場合があります。この際の対処策として、例のように""(引用符)で囲むと途中に空白があっても続いたフレーズとして検索してくれます。
引用符を使う場合、以下の制限があります。
■ 検索に使用する文字など
■ 検索時のヒット件数
各検索を実行してヒット件数が設定されているソート可能最大ヒット件数を上回った場合、ソート機能が無効になります。
ソート機能を利用したい場合は、絞り込み検索を行ってヒット件数をソート可能最大ヒット件数以下にしてください。


詳細検索

詳細検索は、様々な検索オプションを指定することで、簡易検索よりもきめ細かな検索を可能にします。
詳細検索画面は、それぞれのアーカイブホームページのトップ画面から、詳細検索へのリンクをクリックして表示します。

検索条件の指定は、「簡易検索」同様の検索キーワード入力に加え、その他検索オプションを指定できます。
検索キーワード入力の手順は全アーカイブにおいて同じですが、検索オプションの「拡張AND検索を使用しない」設定(デフォルト設定)の場合と、「拡張AND検索を使用する」設定の場合で異なります。
検索オプションはアーカイブによって異なります。

拡張AND検索を使用しない、検索キーワードの入力

検索キーワードの入力フィールドは、左から順に「検索対象項目」、「キーワード入力フィールド」、「演算子」で構成されます。

■ 検索対象項目
各行左側の はプルダウンメニューとなっており、「タイトル」「著者」など検索対象項目を選択します。
プルダウンの選択項目は、アーカイブによって変化します。

■ キーワード
次のに、検索キーワードを入力します。
拡張AND検索を使用しない場合は、検索対象項目が左側の指定に限定されることを除くと、簡易検索のキーワード入力と同じです。

■ 演算子
各行右側のは、 次の行との掛け合わせ検索の演算子を指定します。演算子については、簡易検索のキーワード入力と同じです。

拡張AND検索を使用する、検索キーワードの入力

検索キーワードの入力フィールドは、左から順に「検索対象項目」、「キーワード入力フィールド」、「演算子」で構成されます。

■ 検索対象項目
各行左側の はプルダウンメニューとなっており、「タイトル」「著者」など検索対象項目を選択します。
プルダウンの選択項目は、アーカイブによって変化します。

■ キーワード
次のに、検索キーワードを入力します。

■ 演算子
※ 複数キーワード検索は、単純AND検索・直列AND検索・親戚AND検索・兄弟AND検索・OR検索・NOT検索を実行します。
  それぞれの複合検索も可能です。

・単純AND検索
(「仮設」「支援」をともに含む最上位。ANDは、小文字でも可能)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を AND または and で区切る。
2つのキーワードを共に含むデータが、検索されます。

・直列AND検索
(「仮設」または「支援」が包含関係にある最上位または、最下位。*は、全角スペースまたは半角スペースでも可能)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を * または 空白(半角・全角)で区切る。
2つのキーワードのどちらかを含むデータが、包含関係にある最上位または、最下位が検索されます。
検索する単位(最上位または、最下位)は設定により異なりますが、上位データは下位データに継承される為、通常は最下位を検索します。

・親戚AND検索
(「仮設」または「支援」が共に出現する最下位)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を & で区切る。
2つのキーワードのどちらかを含むデータが、共に出現する最下位が検索されます。
通常は全候補を検索しますが、距離が設定されている場合は設定されている距離内にある2つのデータ間の距離が最も近いデータのみを検索します。

・兄弟AND検索
(「仮設」または「支援」が含まれる一つ上位)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を / で区切る。
2つのキーワードのどちらかを含むデータの一つ上位が、検索されます。

・OR検索
(「仮設」または「支援」が含まれる最上位。ORは、小文字 または + でも可能)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を OR または 小文字, + で区切る。
2つのキーワードのどちらかを含むデータの最上位が、検索されます。

・NOT検索
(「仮設」から「支援」を含まない最上位。NOTは、小文字 または - でも可能)
2つのキーワード(単語でも熟語でも)を NOT または 小文字, - で区切る。
上例のキーワード「仮設」から「支援」を含まないデータの最上位が、検索されます。

"仮設住宅"のような熟語を検索する場合、「仮設 住宅」と単語ごとに分けて入力するのと、「仮設住宅」と続けて入力するのとでは結果が異なります。「仮設 住宅」では、それぞれの単語がデータ中のどこかにあればヒットしますから、仮設住宅とは関係ないものが混じる可能性もあります。「仮設住宅」と続ければ、その並びの文字列だけがヒットしますから、無駄は少なくなりますが、逆に「住宅仮設」「仮設の住宅」など別の表現のものが漏れてしまいます。どちらがより有効かはケースバイケースで一概には言えません。

(「学校」「大学」が包含関係にある最上位または、最下位、かつ「避難所」を含む)
(「学校」「大学」のどちらかを含むデータの一つ上位に、「避難所」を含まない最上位)
(「大学」「避難所」の両方を含む、または「学校」を含む最上位)
(「大学」を含み「避難所」を含まない最上位、かつ「学校」のどちらかを含むデータの一つ上位)

それぞれの複合検索も可能で、複雑な検索ができます。
例のように3つ以上連ねることや、()内の検索を優先的に行うことができます。
この場合は優先順位に従い処理されます。
優先順位は、下記表の通りです。

各行右端の は、次の行との単純AND, 直列AND, 親戚AND, 兄弟AND演算を行います。







震災文庫の検索オプション

■ 日付範囲の入力

発行日付や登録日付、更新日付の範囲検索ができます。

■ 検索結果のソート

検索結果一覧のソートができます。

■ 表示件数

検索結果1ページに何件のデータを表示するかを指定できます。
ヒット件数が多い場合、一覧画面にはまず最初の20件を表示し、「次へ」ボタンで順次20件づつ表示させるようになっています。
この表示件数(20件)を増やすことができます。ただし、検索速度に大きな影響がありますのでご了承ください。

■ 資料タイトルレベル

電子図書館システムでは、資料中の記事・章節タイトルや掲載された写真のキャプションなど、細かなレベルからも検索できるようめざしていますが、時としてヒット件数が多くなりすぎることもあります。
このオプションを「限定する」にすると、検索対象が資料のタイトルレベルに絞り込まれて、ヒット件数がおさえられます。

■ 一次資料を含むデータ

全文・画像の形で資料の内容を閲覧できるものに、検索対象を限定することができます。

■ 拡張AND検索

このオプションを「使用する」にすると、検索キーワードが拡張AND検索用として検索されます。
拡張AND検索を使用すると、通常のAND、OR、NOT以外の演算子が使用できるようになり、検索対象とする階層を指定することができます。
よって、拡張AND検索は該当アーカイブのデータ階層構造をよく理解している利用者にとって有効です。

拡張AND検索を「使用しない」検索キーワード入力については、こちらを参照してください。
拡張AND検索を「使用する」検索キーワード入力については、こちらを参照してください。

※ 拡張AND検索の該当件数が10,000件以上の場合、自動的に通常検索に切り替わります。





地図検索

地図検索は、アーカイブを地図から検索する機能です。現在、震災文庫データを検索可能です。
地図検索は、以下のブラウザに対応しています。

地図検索画面は、震災文庫ホームページのトップ画面から、地図検索へのリンクをクリックして表示します。

地図検索で検索するデータには、図形データと震災文庫データの2種類があります。
図形データは、地図の区画(エリア)情報で、例えば「神戸市1丁目」を1区画とする図形データを持っています。
そして、それぞれの区画には震災文庫データが関連付けられています。例えば「神戸市1丁目」の区画を表す図形データには、神戸市1丁目付近に関する震災文庫データが関連付けられていることになります。
図形データは地図上に描写されますが、描写するデータ数、及びズームレベルによって描写方法が異なります。
描写方法にはマーカー描写とポリゴン描写があり、描写方法切り分けの条件は以下の通りとなります。

※ ズームレベルは、GoogleMapのズームバーで調整できます。

地図検索機能は、以下の3機能を持ちます。 地図範囲検索と住所検索では、まず地図データを検索し、該当した地図データを指定して、関連付けられている震災文庫データを参照します。
キーワード検索では、地図データと震災文庫データを同時に検索し、表示されている地図の範囲に存在する図形データに関連づけられている震災文庫データの内、検索キーワードを含むデータのみを一覧表示します。
同時に、該当した図形データを地図上に描写します。

地図範囲検索

地図範囲検索では、検索したいエリアを地図で表示し、そのエリア内に存在する全ての図形データを地図上に描写します。
描写された図形データを指定し、その区画に関連付けられている震災文庫データを閲覧することができます。

地図範囲検索の手順は以下の通りです。

※ [ズーム範囲検索を有効]チェックボックスにチェックを入れると、上記手順の1~3までを自動化できます。
  地図のダブルクリックによるズームイン・アウトを行うたびに、自動的に手順1~3が実行されますので、ブラウザ負荷が高くなる可能性があります。

キーワード検索

キーワード検索は、検索したいエリアを地図で表示し、そのエリア内に存在する震災文庫データの内、検索キーワードを含むものを一覧表示します。
同時に、該当した震災文庫データが関連付けられている地図データを地図上に描写します。

キーワード検索の手順は以下の通りです。

※ 検索結果一覧パネルは、パネル右のトグルをクリックして表示・非表示を切り替えることが出来ます。

住所検索

住所検索では、検索したい地図エリアの住所で検索し、そのエリア内に存在する全ての図形データを地図上に描写します。
描写された図形データを指定し、その区画に関連付けられている震災文庫データを閲覧することができます。

住所検索の手順は以下の通りです。


検索結果一覧表示

検索にヒットしたデータを一覧表示する画面です。

■ 絞り込み検索
結果一覧画面の上部に、「絞り込み検索」が設けられています。 現在の検索結果に、さらにキーワードを加えて絞り込み検索ができます。

■ 検索条件の表示
のように、入力した検索キーワードやオプション指定などが出力されていますので、確認して下さい。




■ 表示設定
ソートの設定を変更したり、1ページに表示するデータの件数を変更できます。
現在の検索結果の表示設定のみを変更したい場合は、表示件数及び並び替えを設定後、「切り替え」ボタンをクリックしてください。
現在の検索結果の絞り込み検索結果の表示設定をしたい場合は、表示件数及び並べ替えを設定後、絞り込み検索を行ってください。
表示件数は「500件ごと」まで増やすことが可能ですが、その分表示速度は低下しますのでご了承下さい。

■ 各レコードの表示
検索結果一覧から各レコードのタイトル部分をクリックすると、該当レコードの詳細表示画面が別画面で表示されます。

検索結果一覧のコンテンツ欄に または が表示されている資料は、全文・画像情報の一次情報閲覧が可能です。
一次情報を閲覧するためには、タイトル部分をクリックして詳細表示画面に移行するか、アイコンを直接クリックしてください。


データ詳細表示

ここでは、詳細データの表示と、全文・画像情報へのリンク(登録済のもののみ)を行います。 画面は左右のフレームに分かれ、左が「階層型表示」、右が「全文・画像情報へのリンク」と「詳細項目表示」です。
■ 階層型表示
電子図書館システムでは1資料に1レコードではなく、資料中の記事・章節タイトルや掲載された写真のキャプションなど、細かなレベルにもメタデータ(目録情報のようなデータ)を作成して、きめ細かな検索ができるようめざしています。また、雑誌などの場合、雑誌タイトル、各巻号、その中の各記事、といった具合にメタデータを作成しています。

「階層型表示」では、ある資料に対して作られたメタデータレコードを、ツリー状の形で一覧できるようにしています。いわば(図書資料の場合なら)「目次」にあたる表示を行います。

■ 全文・画像情報へのリンク
右フレームの上部に「全文・画像情報へのリンク」が表示されます。 資料そのものの全文情報もしくは画像情報を公開している場合は、ここに全文・画像情報へのリンクが表示され、クリックによって閲覧することができます。

一次情報表示

ここでは、一次情報の表示を行います。一次情報には、以下の7種類があります。 HTMLファイルは、3フレーム表示されます。その他のファイルは、2フレーム表示されます。
3フレームの一次情報表示画面は以下の通り表示されます。

2フレームの一次情報表示画面は以下の通り表示されます。

■ 一次情報メニュー
一次情報メニューでは、データが持っている一次情報種別がタブ表示され、タブを選択して一次情報を切り替えることができます。
複数の同種類一次情報を持つ場合、「←」、「→」ボタン、ページ移動セレクトメニューで、データ送りをすることができます。
一次情報として画像ファイルを持つデータは、保存用データや印刷用データを持っているものがあります。
その場合、一次情報メニューにそれらデータへのリンクとファイルサイズが表示されます。