四四 (天正廿年)十二月六日 豊臣秀吉朱印状

 天正二〇年(一五九二)一二月六日付けで、秀吉が第一次朝鮮侵略(文禄の役)に在陣中の五人の大名にあてた朱印状。
 京幾道・陽智城の守将であった中川秀政の頓死により、弟秀成へ跡目相続を認めた同日付けの朱印状(四三号文書)を受けて、その旨を伝達するとともに、自身来春三月に渡海するので、その間城をしっかりと守り、軽率な行動をとらないように厳命し、下々の者にまで堅く申し聞かせよ、としている。
 宛名の五人の大名は、四六号文書の宛名から、当時釜山〜漢城間に設けられていた秀吉軍の「つなぎの城」(連絡・補給路確保のための城)、とくに最も漢城よりにあった秀政の守城・陽智城から近い八城(蜂須賀家政と生駒親正は二城)を守備していた諸将であることが確認出来る。本状や四六号文書、五四号文書など、この「つなぎの城」に在城した諸大名(もしくはその一部)を連名の宛て所として発給された朱印状が、末端にあたる中川家に残されているところを見ると、あるいは「つなぎの城」間での文書回覧システムのようなものがあったのかもしれない。なお、本状と同じ一二月六日付けで、ほぼ同一の文言を持つ文書が多数残されており、この日付けで秀政の死と秀成への相続の承認が在朝鮮の諸大名に一斉に通達されたようである。
 本状は、元折紙であったらしいものが、折り目で切断の上、横に貼り継がれた奇妙な形になっているが、この理由は不明である。



解題作成:神戸大学文学部日本史研究室(デジタル化:神戸大学附属図書館)