下表の各欄の左端にある算用数字は文書番号を表しています(一部の欄では右端の[包紙]、[袋]、[箱]の傍らにも付しています)。これらの文書番号は、神戸大学文学部日本史研究室編『中川家文書』(京都:臨川書店,昭和62[1987]年3月発行)の「目次」にある文書番号と対応しています。
131 (年未詳)

五月三日

 豊臣秀頼黒印状
[文書](46.7×66.6cm)
 
[小画像(33KB)] [大画像(81KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(32KB)] [大画像(80KB)]
 
253 [袋](13通入り袋)
 
[小画像(31KB)] [大画像(73KB)]
132 (年未詳)

五月三日

 徳川秀忠黒印状
[文書](46.4×66.4cm)
 
[小画像(38KB)] [大画像(95KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(28KB)] [大画像(72KB)]
 
251 [袋](12通入り袋)
 
[小画像(35KB)] [大画像(81KB)]
133 (年未詳)

六月廿四日

 徳川秀忠黒印状
[文書](46.5×66.7cm)
 
[小画像(40KB)] [大画像(102KB)]
 
254 [包紙](4通入り包紙)
 
[小画像(34KB)] [大画像(81KB)]
 
253 [袋](13通入り袋)
 
[小画像(31KB)] [大画像(73KB)]
134 (年未詳)

八月三日

 徳川秀忠黒印状

領内の鉛山開発と幕府への鉛献上に関するもの

[文書](46.7×66.4cm)
 
[小画像(35KB)] [大画像(87KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(27KB)] [大画像(71KB)]

135 (慶長十八年)

(1613)

五月一日

 徳川秀忠黒印状
[文書](41.8×62.1cm)
 
[小画像(35KB)] [大画像(86KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(28KB)] [大画像(71KB)]
 
258 [袋](15通入り袋)
 
[小画像] [大画像]
136 (慶長十八年)

(1613)

十一月二日

 本多正信書状

領内の鉛山開発と幕府への鉛献上に関するもの

[文書](18.0×50.6cm)
 
[小画像] [大画像]
 
275 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像] [大画像]

137 (慶長十八年)

(1613)

十一月十日

 村越直吉書状
[文書](35.0×49.6cm)
 
[小画像(84KB)] [大画像(178KB)]
 
275 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像] [大画像]
138 (年未詳)

十二月廿三日

 豊臣秀頼黒印状
[文書](45.7×63.0cm)
 
[小画像(35KB)] [大画像(89KB)]
 
259 [袋](20通入り袋)
 
[小画像(32KB)] [大画像(74KB)]
139 (年未詳)

五月一日

 豊臣秀頼黒印状
[文書](46.1×66.0cm)
 
[小画像(35KB)] [大画像(87KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(27KB)] [大画像(71KB)]
 
259 [袋](20通入り袋)
 
[小画像(32KB)] [大画像(74KB)]
140 (年未詳)

八月十六日

 舟付覚書
[文書](28.7×20.0cm)
 
[小画像(35KB)] [大画像(81KB)]
 
268 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像(24KB)] [大画像(63KB)]