下表の各欄の左端にある算用数字は文書番号を表しています(一部の欄では右端の[包紙]、[袋]、[箱]の傍らにも付しています)。これらの文書番号は、神戸大学文学部日本史研究室編『中川家文書』(京都:臨川書店,昭和62[1987]年3月発行)の「目次」にある文書番号と対応しています。
181 (寛永九年)

(1632)

七月廿八日

 熊本出陣馬乗数并道具指出

寛永九(1632)年の加藤忠広の改易による肥後熊本城受取に関するもの

[文書](33.0×45.6cm)
 
[小画像(57KB)] [大画像(121KB)]
 
272 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像(29KB)] [大画像(72KB)]

182 (寛永九年)

(1632)

七月廿九日

 熊本出陣馬乗数并道具指出

寛永九(1632)年の加藤忠広の改易による肥後熊本城受取に関するもの

[文書](34.7×53.9cm)
 
[小画像(50KB)] [大画像(107KB)]
 
272 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像(29KB)] [大画像(72KB)]

183 寛永九年

(1632)

九月廿九日

 諸士法度写
[文書](17.7×107.8cm)
 
[小画像] [大画像]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(36KB)] [大画像(91KB)]
184 (寛永十年)

(1633)

 国廻衆書立

寛永十(1633)年の幕府巡検使に関するもの

[文書](35.1×54.0cm)
 
[小画像(67KB)] [大画像(144KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(30KB)] [大画像(74KB)]

185 (年月日未詳)  豊後国他領様子聞合帳

寛永十(1633)年の幕府巡検使派遣と前後して、九州諸大名の動勢を中川氏が独自で調査した探索書

[文書](12.0×38.5cm)
 
[小画像] [大画像]
 
278 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像(33KB)] [大画像(81KB)]

186 (年月日未詳)  隣国様子聞合帳

寛永十(1633)年の幕府巡検使派遣と前後して、九州諸大名の動勢を中川氏が独自で調査した探索書

[文書](13.2×41.5cm)
 
[小画像] [大画像]
 
278 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像(33KB)] [大画像(81KB)]

187 (年月日未詳)  隣国様子聞合帳

寛永十(1633)年の幕府巡検使派遣と前後して、九州諸大名の動勢を中川氏が独自で調査した探索書

[文書](25.3×20.1cm)
 
[小画像] [大画像]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(34KB)] [大画像(85KB)]

188 (年月日未詳)  宇目梓山覚書
[文書](27.1×20.3cm)
 
[小画像] [大画像]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(34KB)] [大画像(81KB)]
189 寛永十一年

(1634)

二月廿二日

 江戸幕府年寄下知状写

寛永十一(1634)年の竹中重義改易による豊後府内城の在番に関するもの

[文書](39.2×199.8cm)
 
[小画像] [大画像]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(30KB)] [大画像(72KB)]

190 寛永十一年

(1634)

六月八日

 徳川家光上洛法度写

寛永十一(1634)年の上洛供奉に関するもの

[文書](37.2×308.3cm)
 
[小画像] [大画像]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(32KB)] [大画像(80KB)]