下表の各欄の左端にある算用数字は文書番号を表しています(一部の欄では右端の[包紙]、[袋]、[箱]の傍らにも付しています)。これらの文書番号は、神戸大学文学部日本史研究室編『中川家文書』(京都:臨川書店,昭和62[1987]年3月発行)の「目次」にある文書番号と対応しています。
21  (天正十三年)

(1585)

七月十日

 羽柴秀吉朱印状

天正十三(1585)年の四国長曽我部攻めに関するもの(解題)

[文書](32.0×50.6cm)
 
[小画像(58KB)] [大画像(133KB)]
 
261 [包紙](4通入り包紙)
 
[小画像(30KB)] [大画像(72KB)]

22  (天正十三年)

(1585)

七月廿八日

 羽柴秀吉朱印状
[文書](32.4×50.7cm)
 
[小画像(34KB)] [大画像(82KB)]
 
250 [包紙](8通入り包紙)
 
[小画像(33KB)] [大画像(80KB)]
 
249 [袋](9通入り袋)
 
[小画像(36KB)] [大画像(84KB)]
23  (年月日未詳)  知行方目録

天正十三(1585)年の播磨三木への移封と旧領の引渡しに関するもの(とくに、同年閏八月に羽柴秀吉が行なった知行割のうち、播磨国の知行に関するもの)(解題)

[文書](32.0×49.2cm)
 
[小画像(42KB)] [大画像(99KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(29KB)] [大画像(71KB)]

24  (天正十三年)

(1585)

九月二日

 羽柴秀吉朱印状

天正十三(1585)年の播磨三木への移封と旧領の引渡しに関するもの(とくに、羽柴秀吉が中川秀成の摂津での旧領の引渡しを求めたもの)(解題)

[文書](31.6×50.0cm)
 
[小画像(42KB)] [大画像(99KB)]
 
250 [包紙](8通入り包紙)
 
[小画像(33KB)] [大画像(80KB)]
 
249 [袋](9通入り袋)
 
[小画像(36KB)] [大画像(84KB)]

25  (年未詳)

三月廿七日

 羽柴秀吉朱印状
[文書](31.8×51.0cm)
 
[小画像(31KB)] [大画像(73KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(26KB)] [大画像(66KB)]
26  (天正十四年)

(1586)

六月三日

 羽柴秀吉朱印状

天正十四(1586)年から天正十九(1591)年にかけての、豊臣政権による京都東山方広寺の大仏殿造営に関するもの

[文書](46.0×66.4cm)
 
[小画像(31KB)] [大画像(82KB)]
 
265 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像(30KB)] [大画像(75KB)]

27  (天正十六年)

(1588)

閏五月八日

 豊臣秀吉朱印状
[文書](45.8×66.1cm)
 
[小画像(43KB)] [大画像(110KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(28KB)] [大画像(70KB)]
 
246 [袋](16通入り袋)
 
[小画像(35KB)] [大画像(82KB)]
28  天正十八年

(1590)

一月 日

 豊臣秀吉陣定

天正十八(1590)年の小田原後北条攻めに関するもの(解題)

[文書](46.3×65.4cm)
 
[小画像(48KB)] [大画像(113KB)]
 
[包紙](1通入り包紙)
 
[小画像(34KB)] [大画像(82KB)]

29  (天正十九年)

(1591)

閏一月二日

 豊臣秀吉朱印状

天正十四(1586)年から天正十九(1591)年にかけての、豊臣政権による京都東山方広寺の大仏殿造営に関するもの(解題)

[文書](46.4×66.6cm)
 
[小画像(44KB)] [大画像(106KB)]
 
265 [包紙](2通入り包紙)
 
[小画像(30KB)] [大画像(75KB)]

30  (天正十九年)

(1591)

五月十四日

 豊臣秀吉朱印状

天正十四(1586)年から天正十九(1591)年にかけての、豊臣政権による京都東山方広寺の大仏殿造営に関するもの(解題)

[文書](46.3×67.5cm)
 
[小画像(41KB)] [大画像(107KB)]