王敬祥文書に寄せて
陳舜臣


 神戸というまちは、多くの異邦人たちが、生活と夢をもち寄って、くらしていた ところである。開港のときから、中国人もこのまちにやってきた。多くのエトラン ゼとおなじように、彼らは故国のなにかを、この地に残そうとしたはずだ。とくに この三、四十年以前は交通の事情もあって、そうかんたんに往来できなかった。移 り住んだ土地と、故国との距離は、精神的にも実質的にも、今日の比ではないであ ろう。

 明治時代といえば、中国では激動の清末にあたる。そして大正元年は、中国では 革命によって、まがりなりにも共和国となった「民国元年」でもあったのだ。

 さまざまな考えをもった中国人が、革命に賛成したり、保皇に心を傾けたりして、 それでもこの地で生活しなければならなかった。

 中国福建の金門島出身の王敬祥は、そんな祖国の揺れ動いた時代に、海ひとつへ だてた隣国にやって来た人である。心には故国の大衆がしあわせなることを願って いたが、その事業に専念できる身ではなかった。

 たまたま革命に一身を捧げた人たち、とくに孫文と知り合ったことから、歴史の 頁にその名をとどめることになった。孫文も王敬祥のような職業革命家でない、い わばボランティアの市民のほうが、安心してものを頼むことができる面もあったよ うだ。

 王家に残された『王敬祥文書』は、神戸在住の一中国人が、利害得失を超えて、 故国のためになにかしようとした、純粋な心の記録である。たんに損得を無視した のではなく、革命のために私財をつぎこんだ形跡もみられる。孫文はかつて「華僑 は革命の母」と言ったが、そのことばのあきらかな例証ともいえるだろう。

 孫文は揮毫を頼まれると、よく「博愛」とかいた。王敬祥たちは祖国愛から行動 したが、孫文は究極の目標を忘れてはならぬと、つねに思っていたのにちがいない。 王敬祥と孫文のやりとりは、その場に立ち会うことはできないが、おそらく愛国の スローガンをこえて、人類愛をめざすことなどが語り合われたであろう。

 なによりも王敬祥文書は、彼に宛てられたものが多い。それにたいして、華僑の 一先輩がどのように応じたかは、想像するほかない。

 すでに歴史的文書となっているが、その裏に永遠の鼓動がききとれるのではある まいか。


王柏林・松本武彦編『王敬祥関係文書目録』非売品,1996年8月,1頁 より転載 
Copyright (c) 2003 Kobe University Library. All rights reserved.