ガラスビュー(Glass View)操作の手引き

 

[ 特徴 ]

ガラスビューは、Macromedia社のFlash 6 を利用した画像インターフェースです。
「すける」、「もじな」 という2種類のインターフェースで画像と付帯情報を表示します。

Flash Playerが動作するWindows、MacOS環境で動作します。
(ライセンス表示、トレードマーク表示を省略させていただきます。)

 

[ もじな ]

例えば、古文書画像と翻刻テキストを並べて表示します。
「文字を並べる」ところから「もじな」と名づけています。

  1. 起動すると、Flashが立ち上がり、画像が表示されます。
  2. すべての文字の行にマウスを移動すると薄く領域が表示されますので、クリックしてください。すると、例えば右脇に翻刻テキストが並べて表示されます。
  3. 消す場合には、この翻刻テキストの位置にマウスを移動し、薄く領域が表示されますので、これをクリックすると消えます。
  4. 画像の左上にホットスポット(隠しボタン)を設けてあります。全ての隠された翻刻テキストが表示されます。(画像の四隅付近にもありますが、左上は最も分かりやすい位置です。)

 

[ すける ]

画像の上に隠された(透明な)画像を配置しています。1箇所だけ透過枠「のぞき窓(スコープ)」が開いています。
文字どおり、「すける」インターフェースです。

  1. 起動すると、Flashが立ち上がり、画像が表示されます。
  2. マウス移動とともに「スコープ」が移動します。
  3. ドラッグすると枠の大きさを変えることができます。(初期表示、「すべて表示」時)
  4. スペースキーを押すと100%から0%まで20%刻みで透過率を変えることができます。初期値は60%です。
  5. シフトキーを押すと、枠は一時的に消えます。 再度、シフトキーを押すと復帰します。
    「のぞき窓(スコープ)」 が邪魔な場合に使ってください。
    (スペースキーを押した場合には、非透過の枠が表示されますが、スペースキーで調整してください。)
  6. HOMEキーを押すと、初期状態に復帰します。

 

[ 画像の拡大 ]

Flash Player の機能を使って画像を拡大表示できます。

  1. Windowsでは右ボタンをクリックするとメニューが現れます。
  2. 「拡大」をクリックすると、拡大表示されます。
  3. 元に戻るには、再表示するか、もしくは右ボタン・メニューで「縮小」もしくは「すべて表示」を選択してください。

注意: 「すける」の場合には、拡大時には、画像の移動と「のぞき窓」の拡大が干渉を起こします。この場合、わずらわしく思われる際には、シフトキーを使って、「のぞき窓」をいったん消して移動してください。なお、再度シフトキーを押すと戻ります。この干渉は「ガラスビュー」の現在のバージョンでは対応できませんので、ご了承ください。

 

[ ページナビ(PageNavi) ]

ページの一覧を連続サムネイルに作成しています。サムネイルをクリックすると、対象の画像を表示します。

 

ガラスビューの最新情報については、 http://www.ipallet.jp/glassview/ をご覧ください。

以上

2004-02, Mitsuhiro Tsuda @Ipallet.