神戸大学附属図書館 デジタルアーカイブ 【 住田文庫 】

伊豆海島風土記


寸 法:27.6×19.8×1.0cm
    仕上がりサイズ28.3×20.0×1.0cm

本紙の厚み:0.07~0.08mm (31丁め)

丁 数:51丁(表紙、見返し含む)

pH値:冊子の前半9丁めまでと10丁め以降で紙の色が違うため、8箇所の測定を行い比較した。
    7.16(4丁め:墨書きのみ)
    4.69(21丁め:彩色有り)

本紙の繊維:楮

[繊維分析の写真]
概要:
仕様書に基づき、修復前写真撮影、状態記録作業を行い、開被及び解体作業を行った。
修復前写真
(画像をクリックすると大きい画像が表示されます)
採寸、紙の厚みの計測、pH値測定、繊維組成分析などのデータ採取と、元素分析を行い、礬砂の検出を試みた。
彩色部分のすべての色材について、色落ちテストを行った。
裏打ち除去、破片戻し、分割、クリーニングを行った。
リーフキャスティングによる修復、和紙による裏打ち、継ぎ直しなどを行った。
状態:
虫損による被害が甚だしい。
冊子の前半9丁めまでと10丁め以降で紙の色が違う。
10丁め以降はすべて彩色がほどこされていて全面が茶変色化し、酸性劣化がみられた。
pH値、元素分析結果から、礬砂の影響が強いと判断した。

[元素分析結果]
作業:
虫の糞や埃を丁寧に取り除き、リーフキャスティングによる修復を行った。
保護のため数ミリの余白をつけて、保存製本を行った。

■修復後の資料の画像を見る


修復資料一覧へ